英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

時間がない方必見!10分でできるスピーキングトレーニング方法

2021/06/02

時間がない方必見!10分でできるスピーキングトレーニング方法

 
社会人で仕事をしている方は特に、英語学習をよりタイトな時間で行う必要があります。
そんな方におすすめなのが、10分でできるスピーキングトレーニング。詳しい学習方法を解説していくので、ぜひ日頃の学習に役立ててみてください。
 

参考書や本、英字新聞を音読する

 
英単語や文法が頭に入っていない状態だと、英語を話すことができません。まずは自分に合った文章を音読しながら英語のイントネーションや単語などの意味をインプットするところから始めましょう。
 
音読をする参考書などは、なるべく同じものを何度も使用しましょう。何回も音読して、発音や意味を頭に入れるように意識してみてください。音読は、スラスラと読めるようになるまで続けましょう。1日10分間ほどで読みきれる文章を選ぶのがベストです。
 

「Read and Look up」を行う

 
音読が問題なくできるようになったら、続いて「Read and Look up」を行います。
「Read and Look up」とは、本を見ながらひとつの英文を音読した後、目を話して覚えた英文を音読するというもの。本を読みながらの音読以上に英語がインプットできて、スピーキングの実践スキルが高まります。
 
こちらも音読で使用していた教材と同じものを使用するのがおすすめです。「Read and Look up」をスラスラできるようになったら、別の教材でまた音読から始めてみましょう。
 
音読→Read and Look upの流れは最初時間がかかるかもしれませんが、英語に触れる時間が増えれば増えるほど、徐々にスムーズに学習できるようになります。辞書などを活用して発音記号を確認しながら行うのも良いですが、「発音が合っているか不安」という方は、音声付きのテキストを活用してください。
 

シャドーイングを合わせて行うとより効果大

 
ご紹介した2つの学習法だけでも効果的ですが、シャドーイングを取り入れるとより英語力を身につけることができます。シャドーイングとは、聞こえてくる英語の音声を追いかけるように発音していくトレーニング方法。
 
シャドーイングは好きな洋画や海外ドラマでもできます。英語の音声だけでシャドーイングするのも良いですが、ネイティブの発音をいきなりシャドーイングするのは難易度が高いです。字幕を英語表記するとシャドーイングしやすくなるので、ぜひ試してみてください。
 

まとめ

 
ご紹介したトレーニングは「音読→Read and Look up→シャドーイング」と3段階で行うもの。「今日は音読10分間、明日はRead and Look up…」とそれぞれ1日10分ずつ行うことで、着実にスピーキング力を高めることができます。10分の学習なら寝る前にも取り組みやすいので、ぜひ今日から始めてみてくださいね。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約