英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

「英語漬け」で留学レベルの英語力を身につけよう!

2021/07/03

「英語漬け」で留学レベルの英語力を身につけよう!

 
2020年からコロナ禍が続く中、「留学したいけどできない」という方も多いのではないでしょうか?留学ができない方や忙しくて英語学習の時間がないという方におすすめなのが「英語漬け」を取り入れた学習方法。具体的な方法とメリットを解説していきます。
 

ネット環境をすべて英語化する

 
日本人は1日に平均3時間45分インターネットに触れているといわれています。つまり、ネット環境をすべて英語にすれば、4時間近く英語に触れることができるということです。
 
スマホやパソコンを英語表記にしたり、SNSやニュースなども英語のサイトから読むようにするのを毎日の習慣にすることで、英語力アップに繋がります。ツイッターやインスタなどで英語の勉強アカウントをフォローすれば、面白いフレーズや言い回しなども一緒に学べるのでおすすめです。
 

英語の音声に触れる

 
まずは英語のラジオやドラマ、映画などを毎日流し、英語の音に慣れましょう。
英語の音声を慣れる上で「聞き流し」をしている方も多いと思いますが、人間は2つのことを同時にできないので、英語の音声を流している時は、集中して聞き取りをした方が英語力はアップします。
 
英語のドラマや映画などで巻き戻しや一時停止ができるなら、英語の音声を追いかけて発音する「シャドーイング」も取り入れてみましょう。
 
海外の音声だとネイティブなニュアンスが強いので、英語学習を始めたばかりだという方は、「NHKニュース」の副音声を活用してみてください。リモコンの音声切り替えスイッチを操作すれば、簡単に英語設定ができますよ。
 

英語を話す・書く

 
英語学習を始めたばかりの頃はインプット7割、アウトプット3割が理想的。英単語や英文法をある程度インプットできたら、英語を話したり、書いたりしてアウトプットにも挑戦していきましょう。

おすすめは「英語日記」。その日の出来事を毎日英語で手帳などに書いてみてください。初めは3行程度で、慣れてきたら10行など、増やしてみるのもおすすめです。
 
また、思いつくままに英語を独り言のように口に出してみるのも効果的な学習方法。英会話は瞬発力が求められるので、思ったことをそのまま英語にするトレーニングは英語力向上に繋がります。
 

まとめ

 
自宅の学習でも、工夫次第で英語力を高めることができます。
聞く、見る、話す、読むといった流れを日常に取り入れて、なるべく長い時間英語に触れるように意識してみてくださいね。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約