英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

IELTSなどで英会話レベルの差を埋めるための英語学習

2021/07/03

IELTSなどで英会話レベルの差を埋めるための英語学習

 
大学受験や留学を目指す学生にとってIELTSなどの民間英語試験で結果を残す必要性があります。ですが、会話力などが低くスコアアップを目指せず悩むケースも非常に多いのです。今回は、IELTSなどで英会話レベルの差を埋めるための英語学習についてお伝えします。
 

英会話力が身に付かないのはなぜ?

 
日本での英語力の重要性が高まっていることもあり、大学受験などでは英会話レベルを引き上げる必要性があったり、海外留学を目指すといった際にも、当然ながら英語力が低ければ夢を叶えることは難しくなります。
 
日本人にとって一番英語で鍵となるのが英会話力だとも言われています。
相手の言っていることは聞き取れるけれど、自分の意見を正しく伝えられずに苦労するということが多いのです。そしてこれは、民間英語試験のIELTSやTOEFLにも影響し、スコアアップできなければ大学受験や海外留学にも影響してしまうのです。
 
日本人は実生活で英語を使う機会が少ないから英会話力が伸びないというのも間違いないです。ですが、その前段階で英語を正しく構築する能力が低いから、成果を残すことができないという問題もあります。
 

英会話レベルの差を埋めるための英語学習

 
世界人口の4人に1人が英語を話せると言われています。
そして、この英語を話す人口の多くは、非ネイティブスピーカーとされています。植民地として統治されていた国や第二言語として英語を習得した方が大半なのです。
 
従って、英語を流暢に話す非ネイティブが多く存在し、独特のアクセントやイントネーションで会話するため、ネイティブが聞き取りづらく感じることもあるのです。しかし、コミュニケーションを図れています。ネイティブが整合性の取れる会話であれば、問題としないため、英語への恐怖心は早く払拭した方が良いと言えるのです。むしろ失敗してでもトライすることが重要。
 
正しい英語の構造さえ守れていれば、多少発音が悪くてもイントネーションがズレていたとしても、相手が聞き取れるレベルにあればコミュニケーションを取ることは可能なのです。
 
ですので、まず英会話において大事なのが、英語を正しく構築する能力を高めることです。正しい文法の使い方なども英語の基礎構造や規則と言った概念を理解し、使い方を間違えない様にして伝わる英語力を養っていくことが大切です。そして、発音やイントネーションというのは、英会話量を増やしていけば直すべきポイントなどが見えてきます。
 
そうして、高い英語力を養っていくことが大切なのです。最初から正しい発音ができるほど、英語は簡単ではありません。伝わることを優先するのであれば、会話以前に正しい構造を守っているかがポイントなのです。
 

まとめ

 
IELTSなどの民間英語試験のスピーキングで結果が出せないという場合には、発音やイントネーションにも問題がありますが、それ以前に解答するための文章の組み立てが間違っているというケースが非常に多いです。ですので、英語の構造や規則を正しく理解し、英語を間違えずに組み立てられる能力を高めることで、スコアアップにつながるということを理解しましょう。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約