英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

大学受験や就活に役立つ民間英語試験のTOEFLスコア

2021/07/04

大学受験や就活に役立つ民間英語試験のTOEFLスコア

 
学生や社会人にとって英語を活用するケースは、大学受験や就活であったりビジネスシーンでの商談や交渉の場にプレゼンテーションが考えられます。そして、その英語力を測る場と言うのが民間英語試験となります。今回は、大学受験や就活に役立つ民間英語試験のTOEFLスコアについてお伝えします。
 

TOEICではなくTOEFLである理由

 
民間英語試験で何点とると、大学受験の英語試験をパスできるや加点対象となる、ビジネスでは昇給や昇進対象となるなどメリットは様々です。日本ではTOEICを基準とすることが多いため、TOEICで結果を残そうと学習する方が大半です。
 
しかし、現代社会で求められている英語力は、TOEICで測られる2技能だけでは足らないという意見も多く、4技能備わっていて始めて社会で役立つ能力として認められる風潮へと変化しつつあります。ですので、TOEICよりもTOEFLで結果を残したほうが良いといった意見が強まってもいます。
 
特に、大学受験や留学する際にはTOEFLやIELTSなど4技能が測れる試験でのスコアを提出する必要があるため、結果を残すのであれば総合的な英語力を伸ばすことが大切です。
 

TOEFLで結果を残すための学習

 
TOEICでは日本人でもハイスコアが取れる試験として有名ですが、TOEFLではスコアアップに苦労する学生・社会人は大勢います。2技能が増えただけで何が違うのか?といった疑問を抱くことでしょう。しかし、その答えは簡単です。
英語は暗記するだけでは使いこなせる様になるものではありません。
 
「聞く・読む・話す・書く」という情報を正しく理解できなければ成長できません。
日本人は英単語や文法を覚えられても、正しい英語の構造や規則といった概念を理解できていないことにより、使い方が分からないというケースが多く、暗記した情報を正しく組み立てられないことが問題なのです。
 
英語の基礎構造からしっかりと理解することが重要なのです。語学にはルールが存在するため、そのルールを一から正しく理解することが大切になります。
LIBERTYでは、グラマーテーブルという英語学習法により、「英語の正解」を把握できるようになるため、最短かつ確実に高い英語力を身につけることができます。
 

まとめ

 
大学受験に留学や就活ではTOEFLなどの民間英語試験で結果を残す必要性があります。
しかし、暗記が勝負のペーパーテストとは違い、英語技能全般の能力を向上させなければいけません。暗記した情報を正しく構築できるように、英語の基礎構造をしっかりと理解していきましょう。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約