英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

海外営業とは?なるために必要な英語力

2022/01/01

海外営業とは?なるために必要な英語力

 
グローバル化が進む現代社会において、中小企業から大企業まで多くの会社が海外に進出しています。
その中で海外とのやりとりを行う海外営業は、企業にとって必要不可欠の存在です。
今回は、海外営業とは?なるために必要な英語力を紹介します。
 

海外営業ってどんな仕事?

 
海外営業とは、海外の市場開拓や海外顧客への営業活動を行う仕事のことです。
勤務している会社の商品やサービスを海外の企業や個人に販売します。
日本国内を拠点として、出張やメール、テレビ会議を中心に業務を行う場合と海外に駐在して業務を行う場合があります。
 
やりとりには世界の共通言語としての英語が用いられる場合が多く、特にリスニングやスピーキングの能力が求められます。
営業なので実際にお客さんと会話しながら仕事を進めることが多いからです。
 

海外営業になるには

 
海外営業を担当するためには、海外との取引がある企業に入社します。
そして、入社時点で高い英語力が認められるとすぐに海外営業配属、あるいは国内営業を経験しながら英語力を向上させて海外営業を狙う方法があります。
 
海外営業になるために、必要な資格はありませんがTOEICの高得点を持っている方が有利な場合が多いです。
有名な日系企業が入社資格でTOEIC何点以上と決めているように、日本の企業では今もTOEICの点数が重視される傾向にあるからです。
 

海外営業で必要なTOEICの点数は?

 
海外営業を担当したい場合は、日本人の平均点以上のTOEICの点数が必要となる可能性が高いです。
なぜなら、採用担当者や人事に英語ができると思ってもらえて、はじめて海外営業を視野に入れたキャリアアップの道を準備してもらえるからです。
 
他の人に差をつけて、第一希望の職種に就くためにもTOEICでできるだけ高得点を取っておきたいところです。
もちろん高得点であればあるほどメリットが多いですが、海外営業になっても実際に使える英語でなければなりません。
 
実際に使える英語力を、身につけるにはある勉強法が効率的です。
それは、LIBERTYで提供している最短で英語力をアップさせる「中身のある」英語教授法です。
TOEICで高得点を狙うだけではなく、海外営業として活躍するための英語力を身につけるにはLIBERTYが提供する英語学習メソッドが有用です。
LIBERTYで学べば、一生ものの『完璧な英語力』が身につけられます。
 

まとめ

 
今回は、海外営業とは?なるために必要な英語力を紹介しました。
海外営業は、特にスピーキングやリスニング力など高い英語力が求められます。
しかし、海外市場を開拓して自社製品を売るのはとてもやりがいのある仕事なので、あなたも英語力を高めて海外営業を目指しませんか?

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約