英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

現地の海外企業に採用される可能性を高めるための計画的行動

2022/01/02

現地の海外企業に採用される可能性を高めるための計画的行動

 
英語力を持ち合わせているだけで働き先の幅が広がり、英語力に自信のある社会人の方が海外企業への転職を考えるというのは、珍しい話ではありません。今回は、現地の海外企業に採用される可能性を高めるための計画的行動についてお伝えします。
 

スキル保有・特殊技能が何よりも大切

 
日本国内では優秀な人材を確保するために、新卒という言葉に価値がありますが、海外企業が求めるのは即戦力として働くことのできる人材であり、実力ある経験者が優遇されます。
とは言え、日本での就労経験だけでは、企業へのアピール材料として弱くなり、就職するのは難しくなります。
そのため、自分を売り込む魅力的な材料が必要となり、現地就職の可能を高めるポイントとなるのが、専門的なスキルの保有になります。
ちなみに武器にできるスキルや特殊技能がない場合、日本でスキル習得に励むこともできますが、現地の専門学校や大学に通うという手段を取るのがオススメです。
 
そして、語学力ですが、現地の人々とコミュニケーションを図ることができ、仕事に支障のないレベルで操ることができる英語力は最低条件となり、語学力は働いているうちに上達させるといった考え方や甘えは禁物です。海外就職を考える前に、短期留学などで語学力向上を図ると共に現地生活環境を体験しておくことも大切です。
 

インターンシップとワーキングホリデーを経た就労

 
短期的でも海外就労体験をしてみたいという社会人の方は、インターンの活用が比較的簡単にチャレンジできる手段になります。長期ですと1年程度の期間となってしまいますが、短期の場合には1週間程度から行えるものもあるため、社会人の方が挑戦するにあたり必ずしも離職しなければならないというわけではありません。
また、インターンから海外転職につなげる人もいますので、最終的には移住して現地で働きたい人はチャレンジしてみると良いでしょう。
 
インターンシップよりも選べる職の幅は狭まるかもしれませんが、より簡単に海外就労体験が行えるのがワーキングホリデーです。語学学習を兼ねながらお金も稼げ、現地でのコネクションが広がり就労経験が評価されれば現地企業からお声が掛かることもゼロではありません。
 

まとめ

 
海外への転職を考えた際に、いきなり海外企業募集に応募するよりも、現地での就労経験を積んでから挑む方が採用率は高まります。
海外就労や転職について考えるようになったら、スキルの習得、インターンシップやワーキングホリデーの活用など、採用率を高めるための計画を練り行動に移しましょう。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約