英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

現地企業への就職?海外駐在員?海外で働くための英語力

2022/02/01

現地企業への就職?海外駐在員?海外で働くための英語力

 
グローバル化の影響を受け、外国での就労を視野に入れている方もいることでしょう。海外の働き方はワーキングホリデーやフリーランスと様々ですが、今回は現地企業への就職、海外駐在員の二つに絞り、併せて海外で働くために必要な英語力についてお伝えいたします。
 

現地就職と海外駐在員

 
現地企業への面接まで漕ぎつく方法として、自らが直接企業に応募したり、知人から紹介を受けたりすることもありますし、海外就職への手順に不安を抱えている方はエージェントを利用することも可能です。
また、ワーキングホリデーや海外インターンシップなどの留学を経てお世話になった企業からお声が掛かる場合もあります。
給与面や待遇に関しては、働き先となる企業の条件によって異なります。
そのため、必ずしも好条件とは限らず、国内企業就職の方が良いケースもあります。
 
一方で海外駐在員は、国内企業から海外へ派遣される働き方になります。海外駐在員に選抜されるためには、国内企業での業績・経験に加え、日本人が苦手とする英語力が求められるケースがほとんどです。キャリアを積むこと、企業が提示する英語力をクリアすることが条件となるため、すぐに海外就労できるわけではありませんが、収入面で言うと海外駐在員の方が安定すると言えるでしょう。
 

求められる英語力と経験値

 
現地企業での雇用、海外駐在に求められるものとして挙げられるのが英語力になります。
例え日系企業でクライアントが日本人であっても、現地で働くスタッフは日本人とは限らず、コミュニケーションを図るためには世界共通語となる英語が用いられることがほとんどです。そのため、最低でも日常英会話は問題ないというレベルが必要になります。
 
また、海外駐在員の候補として挙がるためにはキャリアが必要で、現地企業でも即戦力として働ける人材を欲しているという意味では、就労経験というのはポイントになります。
そして、現地就職では日本での就労経験ではなく、海外で働いたことがあるかどうかが評価されることが多くなります。そのため、学生、社会人問わずに海外での経験を積むために、海外インターンシップ・ワーキングホリデー・海外ボランティアなどに果敢に挑戦していきましょう。
 

まとめ

 
海外就職、海外駐在員に求められるのは英語力と経験値になります。また、現地採用において、さらに付け加えるのであれば専門的な技術力・知識を備えていることで、より採用率も高まるでしょう。語学力、経験、専門的スキルの3つは国内企業でも求められることが多いため、国内外問わず就職口を広げるために意識するのがオススメです。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約