英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

英語もできて仕事もできるを目指すための資格取得・専門留学

2022/03/01

英語もできて仕事もできるを目指すための資格取得・専門留学

 
語学力は国際社会では評価されるスキルですが、実務能力が低ければ語学力の価値もなくなってしまいます。ビジネス英語はできて当たり前の時代へと変化しつつある昨今では、実務力を鍛えつつ英語力の強化につながり資格取得も目指せる専門留学も注目されています。
 

英語を操れるに価値はある?

 
仕事で活かすことのできる英語力を身に付けることで、自身に付加価値をつけることができます。また、海外取引をメインにしている商社や外資系、社内公用英語化に取り組む企業の人材募集では、英語力が条件とされるケースが大半で、応募資格を得られ就職や転職の幅を広げられるというメリットがあります。
 
ですが、英語力を即戦力と考える企業への面接では、自身と同等、又はそれ以上の英語力保持者が面接にくるため、英語力だけで差別化を図ることが難しくなります。
 
そもそも英語はコミュニケーションを図るためのツールであり、あくまでの実務能力があってこそ、活きるスキルでもあります。
とは言え、英語力があることでTOEIC試験で結果を出すことができ、海外駐在員への選抜や書類選考を突破する可能性を高めてくれるなどの利点が大きいため、迷っているのであればすぐにでも習得に向けた学習を励むと良いでしょう。
 

専門的なスキルと英語力の組み合わせ

 
語学力だけではなく、そこに専門的なスキルが加わることで、さらに職に関する選択の幅が広がることになります。そこで注目されているのが専門的なスキルと英語力を同時に学ぶことのできる専門留学です。専門的なスキルを身に付けられるというだけではなく、自身の興味関心のある分野について海外という観点から実際に見て体験できるのは大きな経験値となります。
 
趣味範囲のものもありますが、看護師向けの医療英語や実務体験、プログラミングやデジタルマーケティングなどを学べるIT留学といったスキル習得や向上を目指せる留学となっています。
英語レッスンも付いてくるプランなどもありますが、やはり現地で生活したり、知識を吸収するためには英語力が必要です。そのため、目安ではありますが留学前にTOEIC600点程の英語力習得に向けて学習を励むのがオススメです。もちろん試験英語やインプットに偏ることのない使える英語習得を目指しましょう。
 

まとめ

 
実務能力があってこその語学力ではありますが、語学力があることで受けられる利益は大きいと言えます。そのため、英語習得に迷いを感じているのであれば、すぐにでも始めるべきでしょう。
また、海外で就職したいという場合だけではなく国内でも外国の方との接する機会は増えています。今ある専門的スキルの成長と英語力向上を望む方や、専門的なスキルも語学力と同時進行しながら身に付けていきたいという方は、専門留学を検討してみると良いでしょう。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約