英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

試験直前!慌てて英語学習に時間を費やしても力が付かない理由

2022/03/01

試験直前!慌てて英語学習に時間を費やしても力が付かない理由

 
受験英語やTOEICなどの民間英語試験の日程が迫り、成果を上げたいと慌てて学習する学生や社会人が少なからずいます。しかし、あまりにも短い期間で結果を残そうとするのは非常に難しいものです。今回は、試験直前!慌てて英語学習に時間を費やしても力が付かない理由についてお伝えします。
 

試験直前に覚えられることは限られている

 
大学受験を控えている学生や、仕事でTOEICスコアが必要な社会人など、英語で結果を残さなければならないという意識があっても、日頃忙しくて勉強が出来ないや一夜漬けでなんとかしようという方がいます。
 
単語を少し覚えたや過去問の正答率が少し上がったという状況では、思い描くようなスコア獲得は難しいでしょう。そして、失敗すれば人生プランも狂うことになるため、失敗する方法を選ぶこと自体おすすめできません。
このような、短期間決着でなんとかなるといった考え方で、成果につながるというケースは非常に稀で、学習方法として愚策だとも言えます。
 
語学の基礎さえ理解できていない状況で、クリアできるような甘い試験ではないため、日頃から英語力を向上させる学習に向き合う必要性があるのです。
 

学習時間は効果的に!

 
試験直前に慌てる様な学習スケジュールを立てたことが、まず失敗に繋がる要因です。
スケジュール管理をしっかりと立てなければ、英語力はアップしません。
 
例えば、短期間で英単語を100個暗記したとしましょう。しかし、その100個の単語を文章として構築する能力がなければ、蓄積した情報も無駄となってしまいます。
 
そのため、英語力アップを図るのであれば、まずは英語を構築するための、構造や規則といった概念を理解する必要性があります。この基礎部分を理解せずに学習してもスコアアップにつながりません。
 
また、学習時間を効率的に設けるのであれば、スキマ時間の活用や英語学校などに通い、能力を向上させましょう。短期間など試験までの期限が決まっていれば、独学でなんとかしようとするのは難しいため、しっかりと語学力アップに繋がる学習を取り入れることが大事になります。
 

まとめ

 
試験直前となり、自身の英語力が低いと感じると必死に勉強するという方も多いのですが、短期間で出来ることは限られています。特に、独学でなんとかしようという意識が強い方は、時間を上手に使いこなせていないケースが非常に多いため、失敗する傾向が強いのです。
短期間で出来ることが限られている中で、何をするべきかと言えば、基礎力を伸ばす事が重要となります。しかし、学習する時間が短ければ短いほど能力アップに繋げるのは困難となります。ですので、受験日・試験日が決まっているのであれば、しっかりと長期スパンで伸ばしていける学習スケジュールを立て取り組むことをおすすめします。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約