英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

英語力ゼロで海外留学。英語力を成長させられる人の特徴

2022/04/01

英語力ゼロで海外留学。英語力を成長させられる人の特徴

 
海外留学で語学成長を望む場合には、国内である程度英語力を鍛えておくことがポイントでもありますが、英語力が乏しい状態で渡航して英語を身に付け帰国する人もゼロではありません。今回は英語力ゼロで海外留学。英語力を成長させられる人の特徴についてお伝えします。
 

強いメンタルは必須

 
英語レベルが低い状態で渡航すると、失敗に終わりやすいといわれる理由はいくつかあります。その要因を乗り越えるためには強い精神力が必ず必要となります。
 
言葉が通じないことで、孤独感が強まってしまったり、慣れない海外生活環境に徐々にストレスが蓄積され、日本に帰国したいという気持ちが生まれてきます。
そうなると積極的に街に繰り出して英語を使う機会を増やせなかったり、語学学校の学友との交流も避けるようになり、英語を話す時間が短くなってしまいます。
滞在先にて英語学習に励むことはできますが、自習するのは国内でもできるため、勿体ない過ごし方になってしまいます。
 
また、英語使って成長を促すことが海外留学の目的でもあるのですが、失敗が恥ずかしくて英語で話すのが恐いと、英語を使う機会を逃してしまい英語力を成長できずに帰国してしまう人も少なくありません。
 
英語力ゼロ状態から海外留学を行う人は、英語習得を遮るような気持ちを壊せる強い心を持たなくてはならないのです。
 

目的意識を大切にできる人

 
海外留学に限らず英語習得において成功を手にする人は、目的意識を明確にできている傾向にあります。ただ英語が話せるようになりたいという漠然とした理由ではなく、海外大学へ進学し夢を叶えるための学びを受けたいなど、英語がなぜ必要なのか見えています。
 
そして、海外留学でも、どこまで英語力を成長させたいのかという目標が明確になっていたり、海外で生活すれば勝手に英語が身に付くわけではないということを理解しながら行動を起こしていくため、海外留学での英語力の成長を成功に導ける傾向にあります。
 

まとめ

 
英語力がゼロでも語学留学に励むことはできます。ただ、日本で出来る勉強を海外で行うのは勿体ないことでもありますので、基礎力を高めるといったことは国内で済ませておくのがオススメです。
特に長期間の留学ではなく、短期留学の場合には中学英語の文法を固めておくだけでも、得られるものは大きく変わってきますので、留学したいという高まる気持ちも分かりますが、短い留学期間を無駄にしないよう英語力の準備は行っておきましょう。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約