英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

語学留学も種類がある。基本情報から自分に合った学びを

2022/04/02

語学留学も種類がある。基本情報から自分に合った学びを

 
語学留学と言っても渡航する国、短期留学や長期留学、語学と専門分野を学ぶ専門留学など学び方も様々で、自分の希望に近い学びを選択できるように事前に情報を集めておくことは大切です。今回は、語学留学の基本情報についてお伝えします。
 

英語を学ぶ2種類の学校

 
海外で英語を学べるところには、民間が運営する語学学校、大学付属の語学学校の2種類があります。民間語学学校の中には大学と提携し、大学施設内を借りて行う「オンキャンパス」という形態で運営するケースもあります。
 
プログラムにはTOEICやTOEFLなどの特定の試験を対象とした試験対策コース、進学を視野に入れた進学準備コース、社会人のスキルアップにつながるビジネス語学コースなどと分かれているため自身の求めている英語力に絞って学びを受けることが出来ます。
 
入学条件として年齢制限、英語レベルが設定されていることもあるため、条件については事前に確認する必要があります。
 

大学付属コースの特徴

 
大学付属の語学学校では、図書館や学生寮など大学施設内の設備を利用することができ、交流会などへの参加機会もあるため、学びの環境としては充実していると言えます。
また、これらのメリットは大学付属の語学学校だけではなく、オンキャンパスの場合も同様になります。
 
大学付属の場合には留学期間は学期単位で選ぶケースが大半のため、短期留学を目指す人にとっては躊躇してしまうかもしれません。ですが、大学進学の準備やアカデミックな英語を本格的に学びたい人にはオススメです。
 

民間語学学校の特徴

 
ビルのワンフロアを借りるなどして開講している民間の語学学校では、大学付属よりも設備の面では劣ってしまうかもしれません。
ですが、少人数やマンツーマンレッスンを取り入れている学校も多く、コースのバリエーションも豊富です。また、週単位で申し込み可能なため、社会人が長期休暇を利用して超短期での語学留学を行いたい場合にも利用できますし、本格的な海外留学前の下見などでも活用できるでしょう。
このように、民間学校は自由度が高く、自分に合った語学留学を目指せる可能性は高くなります。
 

まとめ

 
留学先となる国、コース・プログラムの選択、費用比較など、語学留学でも考えなくてはならないポイントが多くなります。ですが、まずは留学の基本情報を把握して、なぜ語学留学と言う学びの方法を選択するのかを踏まえながら絞り込んでいく事も大切です。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約