英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

国内MBAを取得するためには英語習得が必要ないのは本当?

2022/06/02

国内MBAを取得するためには英語習得が必要ないのは本当?

 
日本国内でもMBAを取得できるビジネススクール・大学院も増え、MBAの学位を修了するケースも珍しくはなくなってきています。しかし、海外で学位を修了するケースとは異なるため、英語習得が必要ないなどの印象も強いでしょう。今回は、国内MBAを取得するためには英語習得が必要ないのは本当?についてお伝えします。
 

国内MBAと海外MBAの違い

 
ビジネススキル・マネジメント能力を高めるMBAという学位は、アメリカなどの海外では社会に貢献できる資質の証明にもなっていることもあり、知名度の高い学位でした。
日本でも近年注目を集める学位となり、社会人が企業で経験を積み、さらなるステップアップとして取得に励むというケースも増えています。
 
MBAを取得するためには、ビジネススクールに通わなければならないため、働きながらの取得が困難であったり、アメリカなどの海外に留学しなければならないものでしたが、日本国内でもMBAの学位を取得できる学校やオンライン講義が増えているなど社会人でも取得しやすい学位へと変化してきています。
 
国内MBAのメリットは、通いやすさや学びやすさに費用の安さといったメリットがあります。しかし、高い英語力は必要とならないため、グローバル化の現代にそぐう語学力を養えない可能性が高いと言えます。
一方で、海外MBAは世界的知見を交えたビジネス教育を受けることができグローバルな人種とコミュニケーションを図ることやコネクションを作ることも出来ます。しかし、費用や高い英語力が求められるため、準備が大変であることが国内MBAとの違いだと言えます。
 

国内MBAには英語が必要ないのは本当?

 
国内MBAという学位を修了するためには、高い英語力は必須ではないでしょう。試験を突破する際に、TOEICやTOEFLのスコアを提出するだけで、合格後は英語でのコミュニケーションを図るなどのケースもないため、英語力が必須とはなりません。
 
しかし、MBAを取得して活用する場面の想定に国際化を意識していないという方は少ないでしょう。そうなれば、ビジネスシーンで使える英語力を養っていなければ、MBAを活かした活躍につなげるのは難しいと言えるでしょう。
 
国内MBAであれ、海外MBAであれ、現代のビジネスシーンを考えると英語などのコミュニケーション能力が低い状況では、結果を残すことは難しくなります。そのため、国内でMBAの学位を修了しても、高い英語力を養っていくことをおすすめします。
 

まとめ

 
国内MBAを取得することで、転職や昇進に有利な材料となるでしょう。
しかし、現代のグローバル化を見据えていくと、英語力などの語学力もビジネススキルとして非常に重要ですので、国内MBAを取得するとしても外国語を操れる人材として成長していくことも大事であることを忘れてはいけません。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約