英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

イギリス大学院プレセッショナルコースのIELTSスコア

2022/07/01

イギリス大学院プレセッショナルコースのIELTSスコア

 
イギリス大学院へ進学する場合にIELTSスコアが少し届かないと悩まれる方もいることでしょう。そんな時に心強いのが大学院への準備コースとなるプレセッショナルコースです。今回はイギリス大学院準備コースとなるプレセッショナルコースに必要なIELTSスコアについてお伝えします。
 

プレセッショナルコース(pre-sessional course)について

 
イギリスの教育水準は高く名門校も多いため、受験が一筋縄でいかないというケースも目立ちます。入学条件が満たせていない場合に、条件付き合格となるケースがあり、条件クリアを目指し就学する場所がプレセッショナルコースになります。
 
日本の高校卒業後に英語力を含め条件を満たすために大学準備プログラムとなるファウンデーションコースが設けられていますが、プレッセショナルコースは大学院進学前の準備コースになります。
 
プレッセショナルコースはアカデミックな授業についていくために必要なエッセイの書き方、プレゼン進行、大学院レベルの批判・分析なども学べ、ディベートやディスカッションに必要な土台となる英語力を強化することができます。
IELTSスコアが足りないという学生に対し条件としてプレセッショナルコースが提示されることもありますが、入学条件となるIELTSスコアを満たしていてもアカデミックな英語力の成長、海外での授業の進め方に慣れたいという方が任意で進学することも多くなります。
 

プレセッショナルコースに必要なIELTSスコア

 
プレセッショナルコースは大学院進学に向けてアカデミックな英語力、専攻分野に特化した英語力に磨きをかけていく場所になります。そのため、英語の基礎力がない人のために開講されている教育機関ではないということを理解しなければなりません。
 
語学学校とは異なるため、当然進学に必要なIELTSスコアも決して低くはありません。
機関によって異なりますが最低でもIELTSスコア5.5以上が必要となります。
通う期間も学校によって異なり2、3週~32週と幅広いものになりますが、例えばIELTSスコアが0.5足りなければ4週間、1足りなければ10週など、一般的に英語レベルによって就学期間は変わってきます。
 

まとめ

 
大学院進学準備プログラムとなるプレセッショナルコースは、進学条件となるIELTSスコアが足りない人にとっての希望ともなりますが、イギリス教育の文化・流儀を知るためであったり、有意義に学びを受けるためのアカデミックな英語力の強化の場としても活用できます。ですが英語力によって期間が変わり、合わせて学費も余計にかかってきてしまうため、英語力向上に焦点を当てたプレセッショナルコースの活用はなるべく避けたいところです。
 
IELTS5.5以上は国内でも正しい学習を行うことで身に付けることが出来ます。
ボーダーの5.5を目標とするのではなく6.0以上、7.0以上を目標としたい方、試験に留まらない大学院でも通用するアカデミックな英語力を身に付けたい方は、ぜひ一度LIBERTYの無料カウンセリングへお越しください。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約