英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

カナダ留学。マギル大学への進学に必要なIELTSスコア

2022/07/01

カナダ留学。マギル大学への進学に必要なIELTSスコア

 
ケベック州モントリオールに創立されたカナダ国内で最も古い大学となるマギル大学。トロント大学に次いで常に大学ランキングの上位に位置する教育水準の高い大学です。今回は、カナダ留学。マギル大学への進学に必要なIELTSスコアについてお伝えします。
 

マギル大学について

 
マギル大学とは、ケベック州の最大都市となるモントリオールに1821年に創立されたカナダで最も歴史ある州立大学です。
ノーベル賞を含む数々の受賞者を輩出していることもあり、業績が称えられカナダ国内ではカナダのハーバードとも呼ばれている大学になります。
 
2022年のTimes Higher Educationが発表しているランキングでは18位:トロント大学、37位:ブリティッシュコロンビア大学、44位:マギル大学となっています。
QS世界大学ランキング2022年では26位:トロント大学、27位:マギル大学、46位:ブリティッシュコロンビア大学となっており、2023年では31位:マギル大学、34位トロント大学と、国内首位を争っているカナダを代表する大学の一つと言えます。
 
マギル大学の学科には、国際開発研究、経済学、神経行動学など300以上が設置され、大学院となると400のプログラムを提供しているため、あらゆる分野を網羅しています。
また、カナダ国内で初めて設立された医学部や法学部は、現在でも高い評価を得ている学部になります。
 

マギル大学への進学に必要なIELTSスコア

 
第一言語がフランス語となるケベック州において、移住や就労する際にはフランス語の語学力が求められますが、マギル大学への進学でフランス語のレベルが問われることはありません。
 
そして、英語力を証明する試験としIELTSとTOEFL iBTが活用できます。
ボーダーとなるスコアは学部によって異なりますが、主にIELTS6.5、TOEFL iBT90点となります。
 
しかし、これはあくまでも必要最低スコアです。
入学条件を満たすためにボーダーラインのクリアを意識する人も多いですが、入学後に専門性高く最高水準の勉強や研究を行うためには、高度な英語力が必要となります。自身が専攻する分野を思う存分学べるように試験で求められる以上の英語力を意識して勉強に励みましょう。
 

まとめ

 
世界的に評価されカナダでも指折りの名門州立大学となるマギル大学。各国から優秀な学生が集まってくるため、成績はもちろん、英語力においてもハイレベルが求められます。
合格するためではなく、入学後にも最高の教育・研究を受けることのできる英語力を意識して英語の総合力を伸ばしていきましょう。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約