英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

ボランティア経験や海外経験などが役に立つ仕事は英語が重要

2022/07/02

ボランティア経験や海外経験などが役に立つ仕事は英語が重要

 
就職活動を控えた大学生などは自身のアピールポイントを面接などで説明しなければなりません。大学で学んだ専門的なポイントだけでなく、ボランティア経験や海外経験など他者とは少し違う経験があると差別化されるケースも少なくはありません。今回は、ボランティア経験や海外経験などが役に立つ仕事は英語が重要についてお伝えします。
 

ボランティア経験や海外経験などが役に立つ仕事

 
就職活動を控えた学生は自己PRなどを考えて、自分の長所や短所に今まで経験して身に付いた能力などを面接官にアピールすることになります。
大学でどういった勉強をしたなど、そこでの専門的な知識が業界で活かせるといった話もするでしょうが、それは、同じような学部に進学した学生が話す内容でもあります。差別化されないため、より輝く経歴を持つ学生に軍配が上がり採用されない可能性が高まるのです。
 
では、学生時代に何で差別化を図れるかというと、ボランティア経験や海外経験といった自主的に動かなければ得られない体験が差別化を図る事になります。
例えば、青年海外協力隊のような長期・短期など海外でボランティアを行い、海外での生活や体験といった経験がプラスと働くケースも一つの差別化です。
 
また、海外ボランティアの経験は、日本国内では使う機会が限られている英語などの語学面の強化にも繋がるため、グローバル人材を欲する企業にとっても採用を考える要因にも繋がることでしょう。
 

海外を知ることでのメリットと英語力アップ

 
外資系や商社といった人気の就職先では、海外への転勤や出張という業務があることや、外国人社員やクライアントのコミュニケーションで英語などの語学力が必要不可欠となるだけでなく、文化の違いなどにも対応できる柔軟性をもった人材を欲するケースが増えているので、海外経験の有無や使える英語力が備わっているかといった能力も企業は見ています。
 
仮に、TOEICでハイスコアを獲得していても、英語でのコミュニケーションが図れないでは英語を日常業務から使う業界では意味がないので、海外ボランティアなどで経験を積み、現地人とコミュニケーションを図れていましたという学生の方が企業にとっては安心して採用ができるなど、英語力に対しても甲乙を付けるため、英語レベルが重要となる業種では、その英語力についての取り組み方や習得レベルに応じて、採用が考えられる傾向が強いです。
 
ですので、国内で必死にTOEICのハイスコア獲得に臨むのが悪いとは言いませんが、外資や商社など英語を多用する企業においては、ハイスコア以上に使える英語力を養っているのかが重要であることを理解しなければなりません。
その違いを理解し養った英語力こそ、就職活動のアピールポイントにも繋がりますので、英語力をアピールするのであれば、総合力の高い英語力を身に付けることをおすすめします。
 

まとめ

 
就職活動を控えた学生が人気の外資や商社などの企業へ応募する際には、周りより優秀であることをアピールする必要性があります。しかし、人気の企業へ応募するとなれば倍率も高いため、優秀な学生からの応募が集まることにもなるので、学業面だけでなく海外経験などの違いでアピールすることも大切ですし、英語などの語学力といった国際舞台で活躍できる経験や能力が重要になりますので、学生時代には将来のことを考えて時間を有効活用すると良いでしょう。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約