英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

国内企業の海外進出をサポートするJETROに大事な英語能力

2022/07/02

国内企業の海外進出をサポートするJETROに大事な英語能力

 
海外赴任や海外企業との交渉が多く、国内企業の海外進出をサポートする独立行政法人JETRO。日本政府の代理機関として日本経済の発展に尽力し働くことになるため、国内外での活躍を期待されています。今回は、国内企業の海外進出をサポートするJETROに大事な英語能力についてお伝えします。
 

独立行政法人JETROとは

 
独立行政法人日本貿易振興機構を称してJETROと呼び、日本企業の海外進出を支援し、対日投資・外国企業誘致の促進を軸に、日本のグローバル化と経済発展を支援する役割を担う機構となります。
 
JETROの拠点は日本国内の営業所だけでなく、世界70ヵ所以上に事務所を設置しており、日本産業と海外の市場や企業を結びつける働きをしています。
 
独立行政法人でもあるJETROは、税金を資金とし活動を行う立場であり、ボーダーレス化が進む現代において、国際進出する国内企業と外国を結びつける重要な使命を担っているのです。
 
JETRO職員は日本国内のみならず、世界中の事務所で働く可能性も高く、日本とはまったく違う生活環境・仕事環境で過ごさなければならないのです。そのため、駐在先の文化や国民性などにも理解を示さなければならないため、グローバル人材として活躍できる様な成長が必要となります。
 

JETROに大事な英語能力

 
JETROでは、総合職の職員のみ国内転勤だけでなく海外への転勤も多く、赴任期間も3年から4年程度で次の転勤先に配属される傾向が強いようです。そのため、総合職は各地を飛び回る印象の強い仕事となります。
 
転勤したくないという学生が就職先として選ぶよりも、そういった環境の変化や新たな挑戦に臨める学生の就職先としては非常にやりがいも感じられることでしょう。
 
また、海外赴任があるため英語などの語学力アップは必須となります。日常生活レベルの英語力だけでなく、様々な企業との商談や交渉が多いためビジネスレベルの英語力まで引き上げる必要性が高いので、JETROへの就職を望む学生はしっかりと英語レベルも高める必要性があります。
 

まとめ

 
JETROは日本の経済成長を手助けするために働いているため、責務ややりがいのある仕事と言えます。その分、業務知識や語学力アップなど非常に多くの知識を養わなければいけません。そして、国内外問わず転勤が多い仕事ですので、国際経験を積極的に積みたいや自身の視野を広げ、キャリアを磨きながら専門性のある能力を向上したいという学生におすすめの就職先となります。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約