英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

カリフォルニア州立大学ロングビーチ校進学に必要なIELTS

2022/08/01

カリフォルニア州立大学ロングビーチ校進学に必要なIELTS

 
映画監督のスティーヴン・スピルバーグの母校として知られ、芸術分野で知名度を誇るカリフォルニア州立大学ロングビーチ校。今回は、学生数が多くマンモス校となるカリフォルニア州立大学ロングビーチ校への進学に必要なIELTSスコアについてお伝えします。
 

カリフォルニア州立大学ロングビーチ校について

 
カリフォルニア州立大学ロングビーチ校は、1949年にカリフォルニア州ロングビーチに創立された大規模となる州立大学で、The Beachの愛称で親しまれ、カリフォルニア州立大学システム(CSU)に属しています。90%以上がカリフォルニア州内の学生であり留学生割合は少なく、州民を対象とした大学の典型でもあるため現地色の強い大学です。
 
カリフォルニア州立大学ロングビーチ校は、ロサンゼルスから電車で1時間ほどのカリフォルニア海外地域の高級住宅地にキャンパスを構えています。治安も比較的安定しており、温暖な気候、交通の利便性からもロサンゼルスの中でも住みやすい街とされているため、日本人も留学しやすい環境です。
 
カリフォルニア州立大学ロングビーチ校で学べる分野は、アート、デザイン、音楽、国際ビジネス、マーケティング、化学工学、電気苦学、健康科学、看護学、理学療法、人類学、歴史学、法学、政治学など幅広いものになります。
この中で人気かつ強みとしているのはシアターアーツ、映画といった芸術分野となり、学内に有している劇場での音楽や演劇といったイベントも盛んです。
芸術系以外ですとビジネス、心理学、看護学、リベラルアーツといったものが人気となります。また、スポーツチームは全米大学のスポーツリーグ(NCAA)に参加しており、中でも女子バレーボールの強豪校としても知られています。
 

カリフォルニア州立大学ロングビーチ校への進学に必要なIELTSスコア

 
コミュニティカレッジからの編入ルートもありますが、カリフォルニア州立大学ロングビーチ校へ直接進学する場合に必要となるIELTSスコアは5.5以上、TOEFL iBTですと61以上となり、いずれも英検準1級レベルとなります。
 
成績条件を満たし、英語力が不十分な場合には、条件付き入学となり付属の語学学校からスタートすることも可能となりますが、正しい英語学習を行うことでクリアできるボーダーでもあります。また、現地の生活、大学授業も全て英語となるため、IELTS5.5以上を容易にクリアできる高度な英語力を備えておくことが理想です。
 
英語試験対策からスタートするのではなく、実力が身に付いていく過程で英語試験での目標をもクリアできるアカデミックかつ、高度な英語力を最短で確実に身に付け海外挑戦したいという方は、ぜひ一度LIBERTYの無料カウンセリングへお越しください。
 

まとめ

 
芸術系分野に強く、スティーヴン・スピルバーグやジョー・ジョンストンなどエンタメ界で活躍する人材を輩出しているカリフォルニア州立大学ロングビーチ校。州民が多く、現地色の強い大学ですが、その分、他文化交流による視野の広がりにも期待することができます。ですが、そのためには実用的な英語力が必須となりますので、英語試験に囚われることなく海外生活や大学講義を意識した英語力に焦点を当てて英語学習に励みましょう。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約