英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

コロンビア大学の偏差値と進学に必要なIELTSスコア

2022/08/01

コロンビア大学の偏差値と進学に必要なIELTSスコア

 
オバマ大統領やルーズベルト大統領など世界に影響を与える人材を輩出しており、政治分野においても有名となるコロンビア大学。今回は、アメリカ私立名門8大学アイビーリーグに属すコロンビア大学の偏差値と進学に必要なIELTSスコアについてお伝えします。
 

コロンビア大学について

 
コロンビア大学は、1754年ニューヨーク州に創立された米国で5番目に古い歴史ある私立校となります。メディカルスクールにおいてアメリカ国内で初めて医学博士号を授与し、世界で最初に政治学を設置した大学でもあります。
研究にも力を入れている大学であり、アメリカで唯一日本経済を専門的に扱っている日本経済経営研究所があることでも有名ですが、原子炉、インターフェイス、地殻変動などの着想者を生み出し、目覚ましい結果で世界を変えてきた大学の一つです。
最高レベルの研究環境と、質の高い教育を提供するコロンビア大学では、ピューリッツァ賞といった国際的な賞や、100人近くのノーベル賞受賞者を輩出しています。
 
コロンビア大学で学べる分野は、建築、アート、人文・科学、ビジネス、経済、エンジニアリング、法学、ジャーナリズム、医学、歯学、神学などで、あらゆる分野を網羅し、さらにどの学部においても大学ランキングでは上位に位置しています。
この中で特に人気かつ高い評価を得ているのが、歴史、法学、教育、経済、政治、金融、ジャーナリズムなどが挙げられます。
 

コロンビア大学の偏差値と進学に必要なIELTSスコア

 
コロンビア大学はQS世界大学ランキング2023年では22位、THE世界大学ランキング(Times Higher Education)2022年では11位にランクインしています。
アメリカでは学力指標として偏差値を用いることはないため正確に比較することはできませんが、QS世界大学ランキングで東京大学が23位にランクインしていることから東京大学の偏差値67.5~72.5を一つの目安として考えることもできます。ですが、合格者のGPA平均が3.9以上とほぼ満点に近く、合格率も5~7%であるため、80以上は優に超える偏差値は必要と考えるのが肝要です。
 
そして直接進学に必要となるIELTSスコアは7.5以上、TOEFL iBTですと105点以上となりますが、これらはあくまでも最低必要となるスコアにすぎません。高い語学力がなければ、専門性が高くハイレベルな授業についていく事は困難となりますので、試験スコアもボーダーギリギリではなく、満点に近いスコアを狙えるような実用性ある英語習得に励むことが非常に重要となります。
 

まとめ

 
世界で活躍するリーダーを輩出し続けているコロンビア大学への進学は入学条件もハイレベルであり、なおかつ合格率は低く狭き門となっています。
英語力に関しても、アカデミックな英語力は備わっていて当たり前という状態になりますので、試験で結果を残すだけではなく運用能力の高い英語力の習得を目指すことが不可欠となります。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約