英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

スタンフォード大学の偏差値と進学に必要なIELTSスコア

2022/08/01

スタンフォード大学の偏差値と進学に必要なIELTSスコア

 
世界的に権威あるアメリカ大学ハーバード大学、マサチューセッツ工科大学(MIT)と並び教育水準の高さから世界大学ランキングでは常にトップ校として上位にランクインしているスタンフォード大学。スタンフォード大学の偏差値と進学に必要なIELTSスコアについてお伝えします。
 

スタンフォード大学について

 
スタンフォード大学は、1891年カリフォルニア州サンフランシスコから南東にあるスタンフォードに位置する私立大学になります。研究大学としても有名でノーベル賞受賞者を数多く輩出していますが、シリコンバレーから近いこともありGoogleといったシリコンバレーに拠点を置く大手ハイテク企業への就職率も高い傾向にあります。また、自らが指揮を執る企業家の育成にも力を入れており、Google、Yahoo!、PayPalなどスタンフォード大学から名だたる企業の創業者が生まれているのも事実です。
 
スタンフォード大学の学部は、ビジネス、地球エネルギー環境学、教育学、エンジニアリング、人文・理学、法学、医学があり、学べるプログラムは航空学、人類学、バイオエンジニアリング、化学工学、機械工学、哲学、考古学、音楽、政治学など、あらゆる分野を網羅しています。どの学部においても留学生に人気ではありますが、強みとしているのは環境学、コンピューターサイエンス、材料科学、物理、心理学、行政学、経済学などが挙げられ世界ランキング上位の学科も多くなります。
 
また、キャンパス内にはゴルフコースや大規模なスポーツジムなどが設置されており、スポーツの分野においてもオリンピックメダリストなど世界で活躍するアスリートを輩出しています。
 

スタンフォード大学の偏差値と進学に必要なIELTSスコア

 
QS世界大学ランキング2023年においてスタンフォード大学は3位、THE世界大学ランキング(Times Higher Education)2022年では4位にランクインしており、いずれのランキングにおいても日本トップの東京大学より20位以上の差があるため、偏差値80以上は優に超えていなくてはならないレベルと考えられます。また、GPA、SAT、ACT(数学)において合格者の平均は満点に近いスコアであり、合格率も4%に満たない程です。
 
そして、条件となる英語力は、IELTS7.0以上、TOEFL iBT100点以上となりますが、出願条件の厳しさ、合格率の低さを考慮するのであれば、最低スコアを目指すのではなく英語試験においても満点に近いスコアを狙いにいく必要性があると言えるでしょう。
 

まとめ

 
研究や教育で蓄えた知識・技術をどう社会で活かし貢献していくのかという点まで学べ、総合的な成長を目指せるスタンフォード大学での出願条件は厳しく、合格率も低いため狭き門となっています。優秀な成績、英語試験でのハイスコアと共に流暢な英語力は備えていて当たり前という状況でもあります。
課外活動も重視する傾向にあり、スタンフォード大学が求める学生像に近づくためには、英語力の育成で遠回りしている状況ではないと言えますので、試験だけに通用する英語力ではなく、実力の底上げにつながる英語学習を選択していきましょう。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約