英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

ロンドン大学キングス・カレッジ進学に必要なIELTSスコア

2022/08/02

ロンドン大学キングス・カレッジ進学に必要なIELTSスコア

 
ナイチンゲールが設立した世界初の看護学校が所在することでも有名なキングス・カレッジ・ロンドン(ロンドン大学キングス・カレッジ/KCL)。今回は、イギリス留学。キングス・カレッジ・ロンドン進学に必要となるIELTSスコアについてお伝えします。
 

キングス・カレッジ・ロンドンについて

 
オックスフォード大学、ケンブリッジ大学といった名門校と共にラッセルグループに属し、ロンドン大学群の加盟校でもあるキングス・カレッジ・ロンドンは、1829年に創立された英国で4番目に古い国立大学です。キャンパスはロンドン中心部に5つ構え、ロンドン大学群の中でも最大規模を誇っています。
 
イギリス大学での留学生割合は高くても30%台ではありますが、キングス・カレッジ・ロンドンの留学生の割合は40%以上となっており、留学生に人気を集めている大学でもあります。
 
キングス・カレッジ・ロンドンで学べる分野は人文科学・芸術、法学、看護学、経営学、生命科学・医学、心理学、神経科学、歯学、工学、社会科学など多岐に渡り、あらゆる分野を網羅しています。強みとしている専攻は、国際関係学、生命科学、社会科学、人文科学などが挙げられ、ノーベル賞受賞者を輩出している医学関連を特に強みとし、歯科学、看護においては国際的に高い評価を得ています。
 

キングス・カレッジ・ロンドン進学に必要となるIELTSスコア

 
キングス・カレッジ・ロンドンはQS世界大学ランキング2023年で37位にランクインしている難関大学になります。イギリスでは学力指標として偏差値を用いることはありませんが、同ランキングにおいて36位に京都大学が位置していることから、難易度の一つの目安として参考にすると良いでしょう。
 
そして、直接進学に必要となるIELTSスコアは7.0以上となりますが、日本の高校を卒業してイギリス大学を目指す場合には、ほとんどの方が大学進学準備プログラムとなるファウンデーションコースを経由するのが一般的になります。ファンデーションコースに進学する場合にも英語力が要件とされ、必要IELTSスコアは6.0以上となります。
 

まとめ

 
ヨーロッパにおいて医療分野を目指す人たちの教育の中心的存在であり、ラジオ、携帯電話、レーダーなど、現代の人々の生活につながる研究を行い貢献してきた大学でもあるキングス・カレッジ・ロンドンは留学生に人気の高い大学です。
世界各国から優秀な生徒が集まるため、IELTS試験においてもボーダーギリギリを目標とするのではなく、満点に近いスコアを見据えつつ、授業に参加可能な自由度の高いアカデミックな英語力の習得に励みましょう。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約