英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

海外出張・海外駐在が必要な企業で生き抜くための英語力

2022/08/02

海外出張・海外駐在が必要な企業で生き抜くための英語力

 
海外に支社がある大手企業や海外に本社のある外資系など、海外と関わることが多い企業では、海外への出張や海外駐在が社員に求められるケースも少なくはありません。今回は、海外出張・海外駐在が必要な企業で生き抜くための英語力についてお伝えします。
 

なぜ海外で働かなきゃいけないの?

 
日本の企業に就職したことで、海外との繋がりはないと考えている学生も多いのではないでしょうか。もちろん、海外進出していない企業や国内のユーザーをメインに事業展開している企業では、海外とのつながりは、ほぼないと言えます。
 
しかし、海外支社のある企業や海外に本社のある外資系企業であれば、海外出張や海外駐在といった経験を積まなければならないといったケースがあります。社員全員じゃないにしても、キャリアを考える上で社員にとっては避けては通れない事もあるのです。
 
従って、国内企業に就職したとしても企業の方針には従う必要性もありますし、柔軟に対応しなければならないのが社会人です。営業職であれ、事務職であれ職務や業界問わず、企業が海外進出を目指すとなれば、海外で働く可能性はゼロではないということを意識しておくことが重要。
 

海外で必要な英語力

 
ビジネスで海外に行くことになれば、まず生活ができるだけの英語力は必須です。
短期間であれ、外国では日本語は日本人にしか伝わりません。多少、日本語を理解できる外国人がいたとしても、ニュアンスの違いや考え方が違えば、そこには齟齬が生まれトラブルに発展する可能性すらあるため、海外生活・仕事をするには高い英語力を養っておきましょう。
 
企業の中には、TOEICスコア700点以上あれば、海外で生活しながらでも英語力は上がると考えているケースがありますが、実際に海外で働きながら生活に慣れ、仕事に慣れながら英語力を伸ばすのは非常に困難と言えます。むしろ、仕事に嫌気が差し、退職を検討する方も出てくるでしょう。
 
能力が高く海外出張や海外駐在に配属されたことで、優秀な人材が辞めるとなれば企業にはマイナスですし、企業が求めている結果を残せないポイントが語学にあるというのは、社員にとってもマイナスです。
 
では、どうするべきなのかと言えば、英語力を養うことが一番早いと言えます。
世界共通言語の英語は、正しく学んでいけば習得できる語学です。海外出張や海外赴任がある企業であることを知った時点からでも、語学学習に時間を費やし伸ばすべきであると言えるでしょう。
 

まとめ

 
海外にビジネス展開をする企業は年々増えています。これは、大手や外資だけでなく、中小などでも利益を上げるために海外進出を目指す傾向にもあります。ですので、社会人としては、国内企業だからや中小だからといった概念で語学力は不要といった考えを持つのは止めた方が良いでしょう。むしろ、いつ声が掛っても挑戦できる準備をしておいた方が、企業にも社会人にもメリットがあると考えられます。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約