英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

外資系・海外進出プロジェクトを担当するコンサルタントの英語力

2022/08/02

外資系・海外進出プロジェクトを担当するコンサルタントの英語力

 
日本でも英語を多用する業種が増えています。その中でも、英語を多用する業界のイメージの強いのがコンサルティング企業ではないでしょうか。今回は、外資系・海外進出プロジェクトを担当するコンサルタントの英語力についてお伝えします。
 

コンサルタントに必要な要素

 
外資系のコンサルティングファームや国内のコンサルティング企業は、人気の高い職種である反面、その業務で必要とされる能力はどれもが高いレベルが求められる傾向にあります。
 
クライアントの企業が抱える問題は多種多様となり専門的な知識を擁する事が多いため、コンサルタントは日々成長が求められる職種です。近年では、グローバル案件の対応を求められるケースが多いことから、専門的な知識だけでなく英語などの語学力アップも必要不可欠となります。
 
そして、大手企業や外資系は海外支社への出張や赴任も多いことから、海外の文化や風習に対する価値観などへの理解が必要とされるため、日本で身に付けたスキルが通用しないことも起こり得るのです。この様なグローバルな環境に付いていくことも、コンサルタントには必要な要素だと考えられています。
 

コンサルタントの英語力

 
外資系のコンサルティングファームや国内企業の海外進出プロジェクトを手助けする国内コンサルティング企業では、英語力が低いと業務を全うすることが困難となります。
 
これらの企業ではグローバル案件ありきで業務が進むため、クライアントが外国人であったり、社内には外国人社員が多いことや海外支社とのミーティングは英語で進められるといった英語ありきで仕事が進められるケースが多いとされています。
 
そこで、コンサルタントという職業に就きたいと考えている学生は、専門的な分野の学習だけでなく、英語力アップに努める事も忘れてはいけません。
 
就職後に英語力を伸ばそうとしても、コンサルタントの様な多種多様なクライアントを抱える仕事に就くと覚えることが多くて、語学力アップは後回しにして、苦労するケースは少なくはありません。また、その後回しにした結果、海外のプロジェクトに参加させてもらえないなど仕事幅が狭まってしまうと、昇進や昇給面でのデメリットにも繋がり兼ねません。
 
学生時代から成長できる能力を成長せずに放置してしまうのは得策ではありません。
高い英語力が求められる業種と分かっているからこそ、しっかりと準備しておくことをおすすめします。
 

まとめ

 
コンサルタントにとって英語力は無くてはならないスキルとされています。
これは、グローバル案件を抱える企業が増えている証でもあります。国際的な仕事に就きたいと考えている学生は、企業が求めている能力をしっかりと養い、挑戦できる土台を作り上げておくことが大切です。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約