英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

外資系企業やIELTSなどの英語面接でアピールするには?

2022/08/02

外資系企業やIELTSなどの英語面接でアピールするには?

 
昨今、ビジネスシーンでは英語の重要性が増していることもあり、英語総合力が求められるケースが多くなっています。特に、外資系企業では英語面接などが取り入れられることもあるため、しっかりとアピールできる英語力が求められます。今回は、外資系企業やIELTSなどの英語面接でアピールするには?についてお伝えします。
 

英語の重要性が増している現代社会

 
グローバル化が進む現代社会では、英語の重要性が増しています。
これは、社会人として働いている方たちが感じていることでもあり、学生がこれから身に付けていかなければならないスキルとも言えます。
 
現状では、限られた職業でしか英語は使わないといった認識を持つ方が多いのですが、実情では多種多様な職業で英語力を求められるケースが存在しているのです。
 
少し前までであれば外資系や商社などの限られた職業では当たり前のように英語を多用するけれど、それ以外の事業ではあまり英語が必要ではなかったのですが、現在では大手企業だけでなく中小・ベンチャー企業でも英語力が必要となるシーンは増えています。そのため、英語力がなければ売上・利益を上げる事が、難しくなるといった状況が起こってくることも予測されているのです。
 

英語面接でアピールするには?

 
英語を一般的に使う場面を想定すると、外資系企業やグローバル案件の取り扱いのある大手企業に、IELTSやTOEFLなどの英語面接が行われるシーンを想定すると思います。
 
これらのシーンで必要となるのは、総合的な英語力だと判断できます。
読む・書く・聞く・話すの4技能が必要となり、どれかが欠けていても英語力としては不足している状況です。
 
民間英語試験は、スピーキングパートで点数を落としてしまうようなことがあれば、まずハイスコアの獲得は困難となります。
 
また、外資系企業やグローバル案件のある企業では、海外のクライアントとの商談・交渉や海外出張や海外赴任など英語を頻繁に扱う状況になれば、汎用性のある英語力を備えていなければなりません。専門的な内容を説明するためには、高い英語力が求められるので、フレーズ集を丸暗記して対応するなど、小手先の英語力だけでは通用することはないのです。
 
従って、英語でアピールするのであれば、使える英語力を基礎からしっかりと築き上げていかなければなりません。そういった力を養うことが、自身の対応力や判断力の向上にもつながり、面接や商談などでアピールすることもできるでしょう。
 

まとめ

 
現代社会において英語は身に付けておかなければならないスキルと考えられています。
民間英語試験の様な出題を想定できる問題への対策を講じられるという方は多くなりました。
 
しかし、ビジネスシーンの商談や交渉など、その場で考えて対応が求められるシーンでは、英語で対応ができないという方は未だに多い状況です。
現代社会で求められている英語力がどういう能力であるかという事を正しく理解して、英語学習に臨まなければなりません。使える英語力を養い、自身の将来に役立てていきましょう。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約