英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

時間の無駄遣い?英語は使用目的を分けた勉強法では大変

2022/08/02

時間の無駄遣い?英語は使用目的を分けた勉強法では大変

 
学校で英語学習を受けている学生の多くは、受験対策のためであったり就職活動のための学習を重ねる事でしょう。社会人にとっては、ビジネス英語など仕事で必要となる学習を行うことになります。今回は、時間の無駄遣い?英語は使用目的を分けた勉強法では大変についてお伝えします。
 

なぜ使用目的ごとに勉強を細分化する?

 
英語を勉強する学生や社会人にとって、英語力を身に付けるべき目標が異なるケースは多いと思います。
 
例えば、
・受験のための受験英語力を高める。
・就職や昇進のためにTOEICスコアアップを図る
・仕事や出張に留学を見据えて英会話力を上げる
など
 
シーンごとに高める英語力が違う。といった勉強が大切であると日本人は考えがちですが、実際にこの枠組みは全て英語であるということに違いはありません。
 
わざわざ使用目的ごとに英語学習方法を分けるのは、時間を無駄にしている可能性があります。英語はコミュニケーションツールであり、読む・書く・聞く・話すの4技能が揃って初めて、英語という語学に意味を成します。
 
どれか一つだけ使えても意味がありませんので、総合力を高めなければ将来的に使える英語が必要となるビジネスシーンでは役に立たないため、効率よく英語力を伸ばすのであれば、目的ごとではなく英語そのものの底上げが必要であるということを理解して学習に取り組むべきなのです。
 

細分化するべきは正しいルールを学ぶこと

 
英語という枠組みを勉強するために、受験英語に則した対策であったりTOEIC試験のための対策など、書店の参考書・問題集の売り場を目にすれば何百冊もの商品が陳列されています。ほぼほぼ、同様な内容が記載されていて、同様な問題が羅列されています。
 
しかし、これをどれほど解いた所で、伸びる英語力とは微々たるものでしょうし、英語を話せる様になったり、ネイティブレベルの発音を聞き取れる程の能力は向上しません。
読み・書きに関しても、自身の知らない単語や覚えていない文法が出てきた瞬間に解けないといったケースは多いでしょう。

英語には基礎構造や規則といった言語のルールがあります。そのルールを理解せずに挑戦しても、良い結果を得られません。
 
そのため、基礎力がないのにも関わらず「話す」や「聞く」という学習を何度も繰り返し時間をかけて挑戦しても、英文を理解・把握することは困難となります。語学には必ずルールがありますので、そのルールを先ずは正しく理解することが大事なのです。
 

まとめ

 
英語は現代社会において重要視される能力の一つです。英語力が低ければ外交はできませんし、企業収益を上げられない要因にも繋がることでしょう。
 
しかし、日本での英語と言うのは、受験や就職に昇進などさまざまなシーンで求められる英語レベルが異なるため、勉強の仕方も暗記力で突破するといった印象が強い学習です。
 
これでは、時間が幾らあっても足りませんし、伸ばさなければならない英語力も身に付きません。基礎からしっかりと伸ばし、ネイティブレベルや流暢に使える英語力をマスターできるような学習に取り組まなければ習得に至らない可能性が高いのです。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約