英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

TOEFLのスコアを利用した弘前大学への編入について

2022/09/01

TOEFLのスコアを利用した弘前大学への編入について

 
社会人や大学、専門学校に所属している学生の中には大学の編入制度を利用して希望大学や学部へ編入をする人が一定数います。
そこで、今回は編入制度を採用している弘前大学の簡単な紹介と、TOEFLを利用した編入制度について紹介したいと思います。
 

新八医大の一つ

 
弘前大学は1949年に創設された大学で、名前からもわかる通り青森県の弘前市に本部キャンパスを構えている国立大学です。母体である旧制弘前高校まで遡ると、100年以上の歴史を誇ります。
 
新八医大と呼ばれる名門校で、国立大学で初めて医学部の医局制度を廃止したことで知られています。そのため医学部のイメージが非常に強い大学なのですが、東北地方の中ではかなり規模の大きい大学の一つなので、北海道など県外からも多くの学生が集まっています。
 
そんな弘前大学の特徴の一つに就職率の高さが挙げられます。大学のキャリアセンターによる就職支援制度などのサポート体制が充実しているそうで、就職率は98パーセントを誇るとのこと。
大学の環境も落ち着いており、キャンパス内には白神自然観察園という国内最大級の植物園もあります。
 

ボーダーラインとなるTOEFLのスコア

 
弘前大学では医学部など一部の学部で若干名ですが編入生の募集を行なっています。
編入試験を受けるための条件はいくつかありますが、その中にはTOEFLやTOEICなど、大学側から指定された英語の資格試験の受験から2年以内に取得したスコアの提出というものがあります。
 
特にTOEFLのスコアによる足切りラインは設けられていませんが、数少ない国立大学の医学部の編入試験を受ける人は少なくないので、ライバルと差をつけるためにも日本人のTOEFLの平均スコアである72点以上を取得できるようにしましょう。
 
LIBERTYでは、グラマーテーブルと呼ばれる独自の教育メソッドを用いた英語教育を行なっています。体系化された英語本来のルールを学ぶことで英語に対する根幹的な理解力を養い、短期間で効率的に英語運用能力を養うことが可能です。
 

まとめ

 
以上、TOEFLのスコアを利用した弘前大学への編入について取り上げてみました。
大学への編入を目指す場合はほとんどのケースでTOEFLなどの英語の資格、試験のスコアの提出を求められるので、受験したことない人は必ず一度は受けるようにしましょう。
ちなみに、LIBERTYではTOEFLの試験に特化した対策コースも用意されているので、試験対策に不安のある方はぜひ受講してみてください。
 
参照:弘前大学
https://www.hirosaki-u.ac.jp
https://nyushi.hirosaki-u.ac.jp/news/transfer/3182/

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約