英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

キール大学の偏差値と進学に必要となるIELTSスコア

2022/09/01

キール大学の偏差値と進学に必要となるIELTSスコア

 
湖や森に囲まれたイギリスでも有数の広大な面積を誇り、19世紀の建築が美しいと評されているキール大学は、学生満足度の高く就職に強い大学として知られています。今回は、イギリス留学。キール大学の偏差値と進学に必要となるIELTSスコアについてお伝えします。
 

キール大学の特徴

 
キール大学は、1949年に設立された研究と教育に力を入れている総合国立大学となります。
多くの分野で学術的かつ実践的な教育が行われ、全英において進学率、就職率の高さが有名。複数の専攻選択・学位取得ができるという点においては先駆者でもありキール大学の特徴として挙げられます。
留学生割合は20%に満たないため、現地色の強い大学と言えますが、学部課程の間は提携校への留学チャンスがあるため、インターナショナルな環境で海外経験を積みたいという学生にとっても適していると言えます。
 
キャンパスはマンチェスターやバーミンガムといった大都市の間に位置するニューキャッスル西部の郊外に構えています。シティーセンターや駅までは少し距離がありますが、キャンパス内にはスーパーやカフェといった施設が設備されているため、生活には困らないでしょう。
 
キール大学で学べる分野は、経済学、英語学、国際政治学、音楽、心理学、社会学、数学、土木工学、コンピューターサイエンス、機械工学、看護学、薬学、犯罪学、法学、マネジメントなど多彩なコースが用意されています。強みまたは人気の学科は、看護学、薬学、理学療法などが挙げられます。
 

キール大学の偏差値と進学に必要となるIELTS

 
イギリスには偏差値という概念はないため、大学ランキングを参照して難易度について見てみましょう。
キール大学は、QS世界大学ランキング2023で751位-800位にランクインしています。同位に入っている日本大学には大阪府立大学、801-1000位には国際基督教大学、立命アジア太平洋大学、上智大学がランクインしていることから、イギリス国内では中堅レベルであっても、世界的に見れば教育レベルの高い大学であることが分かります。
 
そして、直接進学で必要となるIELTSスコアは、6.0以上、ファウンデーションコースでは最低IELTS5.0以上が求められます。英語力の証明として試験のスコア提出が必要となりますが、進学後には英語の授業を受けることになりますので、試験スコアだけではなく使える英語力が養われる学習方法を選択していくことが重要になります。
 

まとめ

 
自然豊かで広大なキャンパスを構え落ち着いた雰囲気で学びを受けることのできるキール大学へ入学するためにはIELTS6.0以上が必要となります。学生満足度が高く、海外就職を視野に入れたイギリス大学へ進学を希望する方は、候補の一つに考えてみてはいかがでしょうか。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約