英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

グローバル企業とは?海外に進出する企業で大切な英語能力

2022/09/01

グローバル企業とは?海外に進出する企業で大切な英語能力

 
国際化やグローバル化といった言葉が珍しいといった時代ではない昨今、グローバル企業が増えています。日本以外の市場に目を向け、世界規模に事業展開をする大手やベンチャーは年々増加しているのです。今回は、グローバル企業とは?海外に進出する企業で大切な英語能力についてお伝えします。
 

グローバル企業とは?

 
グローバル企業とは、21世紀のビジネスモデルとして、さまざまな国々の都市などを拠点に、ビジネスを展開している企業を指します。働く社員の国籍もバラバラで、ビジネス展開も、拠点となる国の文化や手法に合わせて展開されることになります。
 
一方で、ひと昔前の企業の国際化モデルとして行ってきた、生産ラインだけを海外に置いている企業というのは、グローバル企業にはあたりません。拠点が異なっていても、同じ製品やサービスを提供し、企業としての機能が一体化しているのがグローバル企業の特徴となります。
 
日本のグローバル企業として上げられるのが、トヨタ自動車やSONYに任天堂など世界的にも有名な会社がグローバル企業だとされているのです。
 
これらの、グローバル企業では、海外赴任や海外出張であったり外国人の社員やクライアントと仕事をすることが多いため、日本人が苦手とする英語でのコミュニケーションが必須となってきます。
 

海外に進出する企業で大切な英語能力

 
グローバル企業など国際化の進む現代では、海外との接点なくしてビジネスは成功しない可能性があるという考えを持つ企業家は多いと思います。
これは、日本の衰退や少子化なども原因ですが、利益を求める上で、世界という大規模な市場に目を向けずにいるのは勿体ないことでもあります。従って、海外に進出し利益を上げられる様にしたい企業が増えているのです。
 
そして、社員にとっても海外挑戦はメリットがあると言えます。
企業にもよりますが、入社して数年程度のタイミングで海外赴任できるケースもあれば、管理職などの役職に就いてから海外の子会社に赴任し、長期に渡り働く場合もあります。
 
学生の中には、外国の企業に就職するといった手段を模索するケースもあるでしょうが、かなりハードルが高いため、国内の企業で働きながら、海外にチャレンジする手段を選ぶ方が、リスクも少なくチャレンジしやすいでしょう。
 
ただし、このチャレンジが出来るのも限られた社員になります。
企業内で実績や経験を積み重ね、コミュニケーション能力に長けているなどの基準をクリアできた社員に、まずは声がかかります。そして、海外生活できる英語などの語学力が備わっていると判断されてやっと挑戦が可能となります。
 
TOEICスコアなどの基準も見られますが、海外での生活・ビジネスが行える英語能力が備わっているかといった実践的なレベルの力がなければ海外での成功も難しいため、国内にいる間にしっかりと語学力を伸ばさなければいけません。
 

まとめ

 
海外の人と一緒に仕事をする機会があったりと、グローバル企業でなければできない体験や経験を積めることでしょう。現在では、就活生からも注目を集めるグローバル企業が多いこともあり、内定を貰うのも難しいとされています。
ただし、外国人とコミュニケーションを図れる英語能力などのスキルアップであったりは、今後の社会では、必ず役に立ち必要な能力となります。また、就職後に自身が海外赴任や出張などの声が掛かった時に、準備が整っている状態にしておくことこそが重要なのです。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約