英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

ニューカッスル大学の偏差値と進学に必要なIELTSスコア

2022/09/01

ニューカッスル大学の偏差値と進学に必要なIELTSスコア

 
イギリス北部の最大都市であり、工業都市と知られ有数の学園都市としても人気あるニューカッスル・アポン・タインに位置するニューカッスル大学。今回は、イギリス留学。ニューカッスル大学の偏差値と進学に必要なIELTSスコアについてお伝えします。
 

ニューカッスル大学の特徴

 
ニューカッスル大学は、1834年に設立されたダラム大学医学部が前身となり、1963年に独立し誕生した国立大学となります。リーズ大学やシェフィールド大学と共に赤レンガ大学群としても有名ですが、研究系に優れており、イギリス最高峰の研究型大学の一員としてラッセルグループ、北イングランド大学で構成されているN8 Research Partnership(N8研究パートナーシップ)に属しています。また、特徴として、留学生割合が少なく現地色の強い大学、学生満足度が高いという点が挙げられます。
 
メインキャンパスはイングランド北部、イギリスでも人気ある都市ニューカッスル・アポン・タインに所在しています。ロンドンからは少し遠くなりますが、ニューカッスル・アポン・タイン中心に位置し、ショッピングセンターやレストランが多いため、生活に不便を感じることは少ないでしょう。また、ロンドンにもキャンパスを構えており、ファイナンス、マネジメント、マーケティングの学部・修士課程のコースが設置されています。
 
ニューカッスル大学で学べる分野は、建築学、アート、経営学、教育学、英文学、政治学、考古学、法学、哲学、コンピューターサイエンス、工学、海洋学、心理学、医学、薬学、ジャーナリズムなど多岐に渡ります。強みとしている学科は、建築、土木工学、言語学、メディアなどが挙げられ、医療系の研究においても世界的評価が高く人気の専攻となっています。
 

ニューカッスル大学の偏差値と進学に必要なIELTSスコア

 
ニューカッスル大学はQS世界大学ランキング2023で122位にランクインしています。
近い順位の日本大学には112位:名古屋大学、135位:九州大学が入っているため、偏差値で難易度を比較できない海外大学では一つの目安とすると良いでしょう。
 
そして、直接進学で必要となるIELTSスコアは6.5以上と、求められる英語力は決して低くはありません。入学条件が満たせない場合や、日本の高校卒業後に進学する場合にはファウンデーションコースを経由する方が大半となりますが、入学条件となる英語力は5.0以上となります。
 

まとめ

 
教育水準が高く、研究主導型の大学となるニューカッスル大学に進学するためにはIELTSスコア6.5以上が必要となります。留学生割合が少ない環境で刺激を受けたいという人や、生活費用を抑えながらイギリス留学に挑戦したいという人にもオススメの大学となります。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約