英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

プリンストン大学の偏差値と進学に必要なIELTSスコア

2022/09/01

プリンストン大学の偏差値と進学に必要なIELTSスコア

 
ハーバード大学やイエール大学と共にアメリカ名門8大学アイビーリーグに属し、世界大学ランキングにおいて上位常連校の一つがプリンストン大学です。今回は、プリンストン大学の偏差値と進学に必要なIELTSスコアについてお伝えします。
 

プリンストン大学の特徴

 
プリンストン大学は、1746年にエリザベスタウンに設立されたニュー・ジャージー・カレッジが起源。ニュージャージー州プリストンに本部を置くアメリカで4番目に古い私立大学であり、アイビーリーグに属している名門校の一校です。大学院よりも学部教育に力を入れているのが特徴でもあります。
 
リベラルアーツに重きをおき、少数精鋭の教育機関であるプリンストン大学は、ノーベル賞受賞者、フィールズ賞受賞者、チューリング賞受賞者などの世界的名誉ある賞を受けた人材を数多く輩出しています。また、大統領、国防長官といった政治界で活躍するリーダー的存在を多く送り出しており、学生の教育と最先端研究の両立を成功させている世界有数の大学でもあります。
 
そして、プリンストン大学と同等レベルの一流大学の中でも、比較的学費が安いことでも知られ、さらに学費援助に関して積極的なサポートを表明している大学でもあります。
授業料の全学免除と滞在費や食事代への補助金によるサポート、対象も広いものになっており、経済的支援を必要とする優秀な学生への門戸が広い大学としても有名です。
 
プリンストン大学で学べる分野は人文科学、社会科学、エンジニアリング、自然科学と4つに分かれ、さらに細かな学科から選ぶことができます。設置されているプログラムは、古典学、考古学、歴史学、ジャーナリズム、音楽、演劇、経済学、都市研究、建築、化学・生物工学、地質学、航空宇宙工学、天体物理学、分子生物学など、多岐に渡ります。
この中で強みとしている学科は政治、経済、歴史、数学、物理、コンピューターサイエンス、心理学、英語文学などが挙げられます。
 

プリンストン大学の偏差値と進学に必要なIELTSスコア

 
プリンストン大学はQS世界大学ランキング2023年で16位にランクインしており、日本トップの東京大学は23位となります。ランキングは学力だけが評価対象ではありませんが、プリンストン大学へ進学するためには偏差値80は優に超える学力が必要と言えるでしょう。また、合格率6%となっており、最低値は設けられていませんが推奨となるGPAは3.9となる最難関大学となります。
 
そして、直接進学で必要となるIELTSスコアは7.0以上、TOEFLiBTですと100点以上となります。プリンストン大学への進学では編入という選択肢がないため、英語力に関しても進学後を見据えながら、試験をもクリアできる高度な語学レベルに仕上げておくことが絶対条件と言えるでしょう。
 

まとめ

 
少人数クラスで教授との距離も近いため学びを深めることが出来るプリンストン大学へ進学するためには、IELTSスコア7.0以上が必要となります。
入学条件は厳しく、合格率は低いため超難関となりますが、英語のスコア条件に関しては正しい学びを受けることでクリアできる壁になります。
最短で確実に入学条件をもクリアできるアカデミックかつ高度な英語力を身に付けたいという方は、ぜひ一度LIBERTYの無料カウンセリングへお越しください。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約