英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

英語を使う仕事に就きたい!海外勤務者が多い企業について

2022/09/02

英語を使う仕事に就きたい!海外勤務者が多い企業について

 
英語力の高い学生の中には就職先として、英語を使う仕事に就きたいや、海外勤務できる企業に就職したいと考える方も少なくはありません。今回は、英語を使う仕事に就きたい!海外勤務者が多い企業についてお伝えします。
 

海外勤務者が多い企業について

 
国際化が進む現代社会において、企業が海外進出するケースは多く、海外支社などを抱える大手企業も多く存在します。
 
海外勤務の多い企業として挙げられるのが、自動車メーカーのトヨタ自動車、電機・事務機器最大手のSONYやキャノン、商社の三菱商事や三井物産、銀行業の三井住友銀行など日本でも名立たる企業では、海外勤務する社員が多くなっています。
 
その規模も数千人規模など、従業員数の10分の1ぐらいは海外勤務となっているため、海外挑戦をしたいと考えている学生にとっては、このよう業界大手への就職が世界進出のきっかけにもなりやすいと言えるでしょう。
 

英語を使う仕事で求められるスキル

 
グローバルな事業展開をする企業への就職を望む学生にとっては、英語力が問われることにもなります。この時に基準としてTOEIC試験を活用する企業が多いのですが、このスコアはあくまで英語力を数値化して測るための試験であって、海外生活に順応できる判断ではないという事を理解しておきましょう。
 
海外で勤務することになれば、語学力はコミュニケーションが図れるスキルとなります。
当然ですが、英語総合力の養われていない状態では、海外勤務を任されることはありませんので、グローバルな仕事に挑戦したいと考えている学生は、高い英語力を養っておく必要性があります。
 
大手企業など海外進出するような企業は、日常業務も多忙となるため、英語学習に時間を費やそうとしても困難となりますので、しっかりと学生時代から英語力を伸ばしていくことをおすすめします。
 
LIBERTYでは、母国語を英語とする教養あるエリート層が操る本格的な英語をマスターするためのカリキュラムを組んでいます。グラマーテーブルを軸としたメソッドで、英語の構造や規則を理解し、英語総合力を養うことが出来ます。ご興味がある方は、ぜひ無料カウンセリングへお越しください。
 

まとめ

 
海外勤務者が増える企業は年々増えています。これは、日本の国内市場が確実に減少しており、利益を求め海外進出しているといった背景もあります。今後は、このような状況がさらに増える事も考えられますので、英語を使う仕事に就きたい学生は、高い英語力を養い挑戦していくことが大切になるでしょう。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約