英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

商社など海外勤務が増える現代!赴任のメリット・デメリット

2022/09/02

商社など海外勤務が増える現代!赴任のメリット・デメリット

 
英語を使った仕事に就きたいやキャリアアップのために海外勤務のある企業に就職したいと考える学生は少なくはありません。今回は、商社など海外勤務が増える現代!赴任のメリット・デメリットについてお伝えします。
 

商社など海外勤務が増える現代

 
グローバル化が進む現代において、海外支社を持つ企業への赴任や海外企業との商談や交渉をするために出張といった仕事が増えています。
 
出張であれば数週間程度で帰国することにもなりますが、海外赴任するとなれば3年や5年と長い年月を海外で生活し仕事をすることにもなるのです。
 
海外生活に憧れを持ち就職した方にとっては、願ってもないチャンスでしょうが、英語力やコミュニケーション能力が低いという方だと、むしろ願い下げといった状況でもあります。
 
しかし、このチャンスを逃すことで、昇進などキャリアアップに影響を及ぼすこともあり、海外赴任できるレベルの英語力は養っておくべきだと言えます。
 

海外赴任のメリット・デメリット

 
海外赴任を依頼される社員というのは、国内で業績を残しているなど将来性を感じる社員に経験を積んでもらうため打診するケースが多いです。そうした経験を積み重ね、昇進させるなどのキャリアを築き上げていく傾向にあります。
 
また、異文化交流を経て仕事や人生観に影響するような新しい考え方を持つことや、物事を見極める視野も広がることになるでしょう。そうすることで、社員のスキルアップや人材としての魅力も深まり、企業にとってはプラスと働きます。
 
一方で、海外赴任のデメリットは、赴任先の業務が激務となる傾向が強いとされています。仕事だけでなく語学面やコミュニケーションなど、日本とは全く違う環境での仕事に慣れるには時間が掛かります。そのため、慣れることが出来なければ、帰国を願う様にもなることでしょう。
 
このように海外赴任によるメリット・デメリットがあるのですが、キャリア形成を考えると、海外で結果を残せる様に経験を積んでいかなければ、昇進や昇給に時間が掛ることが予測されます。これが、社会人の英語への苦手意識を克服しなければならない理由でもあるのです。
 

まとめ

 
キャリアを通して考えると海外勤務することは、メリットが大きいと言えます。
キャリアアップすることで、収入や待遇が良くなることであったり、企業から認められる存在となることは、プラス要因でもあります。ですので、海外赴任のある企業で活躍したいと考えている学生は、高い英語力を養い海外赴任にも対応できるレベルにまで引き上げておくことをおすすめします。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約