英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

入社後3~5年で海外赴任のチャンス!社会人の海外挑戦について

2022/09/02

入社後3~5年で海外赴任のチャンス!社会人の海外挑戦について

 
商社や外資など海外事業が頻繁に行われている企業へ就職すると、将来的には海外赴任などのチャンスが巡ってきます。今回は、入社後3~5年で海外赴任のチャンス!社会人の海外挑戦についてお伝えします。
 

海外赴任は入社後3~5年後にやってくる

 
国内大手の商社や外資系といった企業に就職すると、初年度から数年間は、企業の進める事業に慣れるための時間が必要となるため、先輩社員の下でさまざまな案件に取り組み業務を理解していくことになります。
 
そして、少しずつ自身に任せられる仕事が増えていき、入社後3~5年後には海外赴任の声が掛る社員が増えていきます。この海外赴任によって経験を積み、昇進などの道が開けていく企業も多いことから、キャリアアップのポイントでもあるとされています。
 
従って、入社して3年から5年目までには、ビジネスで必要とされる知識や経験を積み上げ、尚且つ海外挑戦できる語学力を養っておく必要性があるのです。
 

社会人の海外挑戦について

 
国際化が進み、海外支社などを持つ企業が増えたことやパートナー会社となる企業が海外企業といったケースも増えている現代社会では、社会人が世界挑戦する機会は格段に増えています。
 
数年前では、社内公用語を英語とすることへの偏見なども企業間で見られていましたが、現在では、英語がなければ利益拡大に繋がらないと考える大手が増え、海外進出を模索する企業が増えているのも事実です。
 
従って、社会人にとっては、語学力を養い海外経験を積み上げることで、社内でのキャリアアップを図ることや、転職して新たなキャリアを構築するといった、仕事の考え方や幅を広げられるのです。
 
そのため、3年から5年で企業内で海外赴任を依頼されるような人材成長はメリットが多いと言えます。ただし、この時に必要となる英語力というのは、海外での生活・ビジネスを成功させられるレベルであるということを忘れてはいけません。いくら国内で実績を上げられていても、海外でコミュニケーションが図れないレベルの英語力では、通用しませんので、海外赴任を言い渡されても結果を残すことは困難となります。
 
海外でも経験を積み成功を収めたいと考えている方は、しっかりと海外で通用する英語力を養うことをオススメします。
 

まとめ

 
グローバルな世の中となり、大手企業などでは海外で業績を上げることを考えるケースが増えています。企業によっては、国内利益よりも海外での利益の方が大きくなるといったことも多く見られます。従って、これからの社会人には海外挑戦する機会は多くなることでしょう。そして、その経験や結果が将来的にはキャリアにも繋がってきますので、自身に声が掛った時に、臆することなく挑戦できるだけの英語などの語学力を伸ばしておかなければならないのです。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約