英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

ロンドン大学バークベック校進学に必要なIELTSスコア

2022/10/01

ロンドン大学バークベック校進学に必要なIELTSスコア

 
多くの人が学びを受けられるようにと夜間に開校されるコースが充実しているロンドン大学バークベック校(バークベック・カレッジ)は、仕事と並行しながら学問を追求できる大学です。今回は、ロンドン大学バークベック校進学に必要なIELTSスコアについてお伝えします。
 

ロンドン大学バークベック校の特徴

 
ロンドン大学バークベック校またはバークベック・カレッジは1823年に設立。ロンドン、ブルームスベリーにキャンパスを構え、1920年にロンドン大学群に加盟した国立大学です。研究大学としても知られノーベル化学賞受賞者や国際的に活躍する著名人を輩出しています。
社会人への高等教育を古くから寄与してきたという歴史を持つバークベック校は、イギリスでも数少ない夜間をメインとしたコースを開講し、日中アルバイトやインターンシップなど働きながら通うことが可能となるため、学生だけではなく社会人や主婦といった幅広い層に人気となっています。
 
ロンドン大学バークベック校で学べる分野は、演劇学、映画、メディア、経済学、統計学、生物科学、心理学、犯罪学、考古学、社会学、政治学、法学などがあります。
強みとしているのは、コミュニケーション・メディア、歴史、人文科学などが挙げられ、特色ある専攻としてはスポーツビジネスプログラムが挙げられます。
 

ロンドン大学バークベック校進学に必要なIELTSスコア

 
ロンドン大学バークベック校はQS世界大学ランキングでは343位にランクインしており、ロンドン大学の中では、比較的難易度が易しめであり挑戦しやすい大学になります。
偏差値で学力は表せませんが、近しい順位には338位:広島大学、363位:神戸大学がランクインしており、一つの目安とすると良いでしょう。
 
そして、直接進学で必要となるIELTSスコアは6.5以上となります。日本の高校卒業後に進学を希望する場合には、イギリスとの教育システムの違いからファウンデーションコース(大学進学準備コース)へ在籍する方が大半となりますが、入学条件となるIELTSスコアは4.5-5.5以上が多くなります。
 

まとめ

 
夜間開校を中心とし、職業・年齢に関わらず学生が集まるロンドン大学バークベック校には様々なバックグラウンド、キャリアを持つ学生たちが集まり、人的ネットワークが広がる魅力的な大学です。進学にはIELTSスコア6.5以上が求められ、ファウンデーションコースでは直接入学よりも低いスコアが条件となりますが、進学して英語で授業を受けるということに変わりはありません。そのため、IELTSスコアを目標とするのではなく、IELTSスコアが自ずと付いてくる柔軟かつアカデミックな使える英語力習得に励みましょう。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約