英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

アバディーン大学の偏差値と進学に必要となるIELTSスコア

2022/10/02

アバディーン大学の偏差値と進学に必要となるIELTSスコア

 
エディンバラン大学やグラスゴー大学など、スコットランドには歴史ある一流大学が所在していますが、アバディーン大学も質の高い教育でノーベル賞受賞者を輩出する名門校の一つ。今回は、アバディーン大学の偏差値と進学に必要となるIELTSスコアについてお伝えします。
 

アバディーン大学の特徴

 
アバディーン大学は、1495年に設立されたThe University and King’s College of Aberdeen(King’s College)を起源とし、1860年にKing’s CollegeとMarischal Collegeが統合され現在のアバディーン大学が誕生しました。スコットランドで3番目に古い大学であり、同じくスコットランドに大学を構えているセントアンドールズ大学、グラスゴー大学、エディンバラン大学と共に古代の大学に属し、歴史ある一流大学として称されています。
留学生割合は半数近くを占め、インターナショナルな環境で学びを受けることが出来ます。
 
キャンパスはカタールのドーハにも構えていますが、英国内ではスコットランド東部アバディーン市のオールドアバディーンとフォレスターヒルに2つを擁し、生命科学や医学分野の大半はフォレスターヒルで学ぶことになります。
オールドアバディーンは、多様な文化が持ち込まれる貿易都市でもあるため活気あふれている魅力的な都市です。治安も良好のため刺激を受けながら過ごしやすい環境に留学したいという学生には適しているでしょう。
 
アバディーン大学で学べる分野は、会計学、経営マネジメント学、経済学、財務学、国際関係学、不動産学、神学、歴史学、考古学、美術史、音楽、語学文学、法学、犯罪学、心理学、政治学、医学、バイオテクノロジー、微生物学、土木工学、電気電子工学、機械工学など、あらゆる分野を網羅しています。
強みとしている学科は医学、スポーツサイエンス、神学・宗教学などが挙げられます。
 

アバディーン大学の偏差値と進学に必要となるIELTSスコア

 
イギリスでは学力指標に偏差値を用いていないため、偏差値で難易度を表すことが出来ませんが、イメージを掴むために大学ランキングを活用することができます。
アバディーン大学はQS世界大学ランキング2023で220位にランクインしています。
近しい順位の日本大学には205位:早稲田大学、197位:慶應義塾大学が入っていることから教育レベルが高いことが分かります。
 
そして、直接進学で必要となる最低IELTSスコアは6.0以上。ファウンデーションコースに在籍する場合には最低IELTS4.5以上が求められます。
 

まとめ

 
古代の大学のメンバーとして水準の高い教育を提供するアバディーン大学へ進学するためには最低IELTS6.0以上が求められます。
ファウンデーションコースで求められる英語力は低くなりますが、大学進学準備コースとなり専攻する分野の基礎知識を高めるプログラムとなりますので、授業に参加可能な英語力を意識して英語学習に励むことが大切となります。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約