英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

英会話向上が大事!英語力ゼロでの留学のデメリットについて

2023/07/01

英会話向上が大事!英語力ゼロでの留学のデメリットについて

 
海外に憧れを抱き留学しようとする学生の中には、英語力ゼロで挑戦する方もいます。英語力ゼロの状態で留学事態は可能です。しかし、最善策とは言えません。今回は、英会話向上が大事!英語力ゼロでの留学のデメリットについてお伝えします。
 

英語力ゼロでの留学のデメリット

 
英語力を伸ばそうと、語学などの向上を目指し、海外へ留学する学生も増えていますが、なかには英語力ゼロで留学しようとする方もいます。たしかに、語学留学であれば、英語力ゼロでも受け入れてくれますが、実際に英語力ゼロで海外留学した際のデメリットが大きすぎます。
 
海外での生活は全て外国語となります。英語圏であれば、英語で問題ありませんが、アジア圏など母国語が英語以外の語学留学となれば、最低限の英語しか伝わらないケースも考えられます。まず、日本語が伝わらない時点で生活が苦しくなるのにも拘らず、英語も伝わらない状態では、学習だけでなく日常にも支障を来しますので、英語力ゼロでの留学はおすすめできません。
 
英語力を磨くための留学だからといって、日常生活を送れるレベルの英語力も備わっていない状態では、長い期間海外での生活に耐えうる精神状態を維持することも難しくなりますし、学校内でのコミュニケーションも厳しいとなると、ストレスも感じやすくなってしまうので、最低限の英語力を備えておくことをおすすめします。
 

国内で英語の基礎は身に付けましょう!

 
海外への留学をするのであれば、国内で最低限英語を自身で構築するための能力だけは養っておきましょう。フレーズ集などを暗記して挑戦するといった学生もいますが、会話の幅も狭まってしまいますし、単語をその後に幾つ覚えても自身で文章構築する能力が低ければ、英語を上手に使うことが出来ないままとなってしまうので、成長速度も遅くなりがちです。
 
自身で英語を正しく構築する能力を備えてから海外留学することで、英語を使う意識も高まるため、多くの事を学べる準備も整っています。そのような状態へ国内で仕上げてから留学することが大事なのです。
 
英語力ゼロでも大丈夫という意欲は素晴らしいのですが、実際に英語力ゼロで海外を体験した方で失敗に終わるケースは多いです。もちろん、英語が多少できてもコミュニケーションを上手に図れず、苦戦したという失敗例もありますが、意欲のある方であれば、その留学を成功にするためにも、国内で養える英語力は身に付けておいて損はありませんので、しっかりと準備しておきましょう。
 

まとめ

 
海外への語学留学は、自身の英語力や学術の向上に繋がりますが、英語力ゼロの状態でも進学自体は可能です。また、学内でのクラス分けで自身の英語力に合ったレベルに入ることはできますが、講義はオールイングリッシュですし、友人とのコミュニケーションも英語となります。もちろん、日常生活も英語主体となるため、英語が全く出来ない状態だと苦しい時間も多くなるため、最低限の英語力を養って挑戦した方が、能力向上には繋がりますので、国内で英語の基礎力を向上させ挑戦しましょう。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約