英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

IMDが発信した世界競争力ランキングで日本は過去最低の35位

2023/12/01

IMDが発信した世界競争力ランキングで日本は過去最低の35位

 
スイスのビジネススクールが発表した世界競争力ランキングで日本は過去最低の35位にランキングされており、日本経済の衰退であったり、国民の生活の苦しさなどが評価されています。今回は、IMDが発信した世界競争力ランキングで日本は過去最低の35位についてお伝えします。
 

IMD世界競争力ランキングについて

 
国際経営開発研究所(International Institute for Management Development、略称:IMD)とは、スイスのローザンヌに拠点を置くビジネススクールであり、そのIMDによる最新の世界競争力ランキングにおいて、日本は過去最低の35位を記録しています。
 
これが何を意味するのかと言えば、このランキングは、様々な要因を評価して国の競争力を測定しています。その要因には、経済政策、インフラ、教育、労働市場、イノベーション、ビジネス環境、健康などから、経済の健全性やビジネスの成長を評価しています。
 
日本では、このランキングにある様に、国際的な競争力に遅れをとっていることが判断できる状況なのです。世界と対等に渡り合える人材や、世界に開かれた地域社会を牽引する日本人のグローバル人材が足りていないため、現在の教育改革であったり、国内大学でのグローバル教育に力を入れる状況が目立つように繋がっているとも考えられます。
 

英語力アップは難しい?

 
日本の経済力は落ちているのか?
物価高騰であったり、増税など国民の出費に関して言えば年々きつくなるなどの報道を目にすることから、経済力も落ちている様には感じられますが、実際にはGDPも世界第3位をキープしています。
 
必ずしも成長していないという訳ではありません。ただその水準が他国よりも緩やかであり、伸びていないという結果になるため、IMDなどのランキングでは過去最低の評価などとなっています。
 
だからこそ、英語力などを養い国際力を付けていくことで、将来的に海外シェアを獲得する企業も増えていき、国際的な競争力でも成長が可能となっていくことでしょう。
 
しかし、その基本となる英語に関して言えば、未だに日本は世界から見ても最低レベルの評価しか得られていない状況で、多くの日本人は英語を話す事ができず、英語力アップは難しいと捉えている方が、それほど多いのです。
 
英語が難しいを脱却するには、英語の基礎となる構造や規則から立て直していく必要性があります。
LIBERTYでは、母国語を英語とする教養あるエリート層が操る本格的な英語をマスターするためのカリキュラム、グラマーテーブルを軸としたメソッドで英語力を一から作り直すことが可能です。ご興味がある方は、ぜひ無料カウンセリングへお越しください。
 

まとめ

 
日本は世界競争から遅れを取る状況が増えていることもあり、経済力が衰退してくと考えられています。実際には、経済力自体が落ち込んでいるという訳ではなく、成長していないというのが正しい情報なのかもしれません。国際社会での商談・交渉であったり、海外でのシェア獲得が他国よりも上手くいっていないことが原因となり、伸びていないという判断をされているのでしょう。
 
このような状況を打破していかなければいけないのも間違いありませんので、グローバル人材としての成長を国や企業が求めている状況となります。学生は英語力アップであったり、国際社会に通用するコミュニケーションスキルなどの能力を高めていくことが重要とされています。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約