英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

母国語を英語とする国への留学のメリット・デメリット!

2023/12/01

母国語を英語とする国への留学のメリット・デメリット!

 
英語力を伸ばしたい・異文化交流をして日本国内では感じる事のない体験や価値観を磨き人間的に成長したいという学生や社会人にとって、海外留学を目指すケースは少なくはありません。今回は、母国語を英語とする国への留学のメリット・デメリット!についてお伝えします。
 

留学のメリット・デメリット!

 
母国語を英語とする国への留学には、さまざまなメリットとデメリットがあります。
以下は、その一般的な要点ですが、個々の状況や能力によっても異なることを考慮しなければなりません。
 
【メリット】
 
英語スキルの向上
英語を母国語とする環境で生活することで、日常的に英語を使用する機会が増え、スキルの向上が期待されます。
 
文化との深い関わり
英語圏の国で留学することで、その国の文化や社会に深く関わり、異なる視点を得ることができます。
 
国際的ネットワークの構築
英語を共通言語とすることで、留学生同士や地元の学生と容易に交流し、国際的なネットワークを広げることができます。
 
就職競争力の向上
英語がビジネスや学術の国際共通語となっているため、英語を母国語とする国での留学経験は、将来の就職において有利に働くことがあります。
 
【デメリット】
 
言語の壁
英語が母国語であっても、方言や地域差異があり、初めての環境で適応するのに時間がかかることがあります。
 
文化の違いへの適応
英語圏の国々も文化や習慣が異なります。これに適応することが、初めての国での留学生活の中で課題となることがあります。
 
高い生活費
英語を母国語とする国の中には、生活費が高い場合があります。特に大都市での生活費は他の国に比べて高いことがあります。
 
文化的ショック
一度も経験したことのない文化や社会に飛び込むことは、異なる価値観や慣習に戸惑うことがあるかもしれません。
 
ホームシック
家族や友人との距離が離れることでホームシックになる可能性があります。
 
留学する際には、これらのメリットとデメリットをよく考慮し、それに合わせて留学先やプログラムを選択することが重要です。個々の留学経験は個人差が大きく、適応力や柔軟性が求められることもあります。
 

まとめ

 
英語圏の国への留学は、言語力や文化理解を深める素晴らしい機会ですが、適応には時間と努力が必要です。留学先を選ぶ際には、自分の目標や興味に合った環境を選ぶことも重要となります。また、留学前には英語上達させておくことも大切ですので、海外生活に困らない英語スキルを伸ばしてから挑戦することをおすすめします。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約