英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

アートなどの芸術を学ぶために海外へ行くのにも英語力は必要

2024/01/01

アートなどの芸術を学ぶために海外へ行くのにも英語力は必要

 
アートなどの芸術を学ぶためにアメリカやフランスに行きたいと考えている方にとっても、語学力は非常に重要な能力となります。今回は、アートなどの芸術を学ぶために海外へ行くのにも英語力は必要についてお伝えします。
 

アートなどの芸術を学ぶために海外へ

 
日本から外へ出て、芸術を学びに行くという学生や若者は少なくはありません。
特に、自由の国アメリカや芸術の国フランスなどを選ぶ傾向は強いのですが、学校などの教育機関に入らず、独自の路線で学ぼうとする方もいます。
 
そうなってくると言葉の壁をクリアしておいた方が良いのは言うまでもありません。
英語やフランス語など他言語話せた方が良いのは言うまでもないでしょう。
 
日常の暮らしはもちろん、アートを行っている方への弟子入りなどをする際にも言葉の壁があるので、その国の言語であったり世界共通言語の英語が話せないと、コミュニケーションを図れません。対話することもできないので、日本にいる間に英語力を伸ばしておくのは不可欠なのです。
 
なかには、英語も話せないけれどボディーランゲージや簡単な翻訳機能を使ったコミュニケーションを図ることで、その場を乗り切るという方もいますが、言語での相互理解が出来ない状態での渡航は、非常に危険をもたらすため、せめて英語だけは理解できるレベルに引き上げておくべきなのです。
 

逮捕されないためにも英語力は必要

 
海外の路上パフォーマンスで絵を売るなどの商売をする際にも、どのエリアだったら申請が不要など決まりごとがありますので、何も知らずに勝手に商売を行えば、警察に捕まる恐れもあります。
 
また、その町の不良などに絡まれる恐れも出てきます。
そういった不安要素を持って行くことは、非常に危険ですので、インターネットで情報を調べたり、現地に行って情報を収集出来るだけの、言語力は不可欠となります。
 
まずは、日常会話が行える英語力・相手の言っていることが正しく理解できる英語スキルを身に付けることをおすすめします。言葉の壁が無くなるだけで、海外での生活もしやすくなります。言葉が伝われば、困ったときに人に話したり相談することのハードルが低くなりますので、海外へ行って挑戦したい・学びたい人は英語力を養いましょう。
 

まとめ

 
日本から海外へ出て、芸術を学びたいと考える方も一定数いらっしゃいます。
しかし、芸術を学ぶだけなんだから、英語もそんな喋れなくても大丈夫といった意識で渡航する方も中にはいます。そういった不安要素を抱えながら、渡航しても苦労するだけです。最低限、海外で生活するのに苦労しない語学力を身に付けてから、渡航することをおすすめします。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約