英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

ゴールデンウィークや有給休暇を利用した短期留学について

2024/01/01

ゴールデンウィークや有給休暇を利用した短期留学について

 
短期間でも海外に行って英語力を磨きたいと考える社会人の方は多いことでしょう。しかし、短期間だけ海外に行っても、そんなに英語力は伸びないのではと考えてしまうと思うことでしょう。今回は、ゴールデンウィークや有給休暇を利用した短期留学についてお伝えします。
 

短期間の留学のメリット

 
留学をする場合、長期間利用した方が英語などの語学が飛躍的に伸ばせる傾向にあるため、長期留学を検討する学生は多いのですが、社会人になってくるとそう長期の休みを取ることは難しくなるので、短期留学を検討する方も増えています。
 
しかし、短期留学ではあっという間に時間が過ぎ去ってしまい、あまり英語能力が伸びずに帰国になる可能性もあるため、敬遠されがちです。
 
ですが、その短期間でも英語スキルを伸ばすのに丁度良いレベルという方もいます。
例えば、自身で英文を構築できる基礎レベルの備わった方であれば、実践でさまざまな発音や多くの方とコミュニケーションを図る経験を積むことで、自身の英語力を明確にすることが出来るため、帰国後にどういった学習が足りていないのかが明確にもなります。
 
短期間の留学を活用してメリットとなるケースもあるので、短期留学は意味がないという声もありますが、自身の英語レベルによっても成果につながることを理解しましょう。
 

短期留学と長期留学の違いについて

 
留学は1年程度の長期留学から、1週間~1ヶ月程度の短期留学があり、語学力を伸ばすことを目標に取り組むのですが、期間の違いによって磨ける能力が異なってきます。
 
短期留学は、英語中上級者向けとなっており、初心者が得られるものは非常に少ないため、海外の環境を体感することぐらいしかできません。スピーキングもリスニングも通用せずに帰国する方は多いですし、自分の英語力を見極めるきっかけになることでしょう。
 
そのため、英語力を伸ばしたいのであれば、確実に長期留学を選んだ方が良いでしょうが、基礎力が備わっていない状態で留学しても、成長を遂げられない可能性があるので、日本国内にいる間に、英語の基礎固めは確実に行っておくべきなのです。
 
そうすることが、留学を成功の道に導くことになりますので、英語の構造や規則といった概念を正しく理解してからの留学への挑戦をおすすめします。
 

まとめ

 
近年、日本国内でも英語力の高い人材を欲する企業が増えていることから、学生や社会人が英語スキルを伸ばそうと学習しています。その中で、特に社会人は時間を有効活用して英語習得を目指さなければならないため、短期留学などを検討する方もいます。
短期で伸ばせる能力は非常に狭く限られていますので、英語初心者が現地で得られる能力と言うのは非常に少ない可能性があります。最低限、英語の基礎レベルを引き上げてから挑戦することをおすすめします。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約