英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

タフツ大学の偏差値と進学に必要となるIELTSスコア

2024/01/01

タフツ大学の偏差値と進学に必要となるIELTSスコア

 
タフツ大学(Tufts University)は、アメリカ合衆国マサチューセッツ州メデフォードに本拠地を置く私立大学となります。今回は、タフツ大学の偏差値と進学に必要となるIELTSスコアについてお伝えします。
 

タフツ大学の特徴

 
タフツ大学は、1852年に設立された私立大学です。日本人の卒業生も多く、教育者や技術者に銀行員などさまざまな分野で活躍しています。
 
米国トップクラスの学科を多く擁するタフツ大学で学べる分野は物理学・政治学・心理学・医学・社会学・芸術・音楽・地質学・金融・環境工学・電気工学・教育・コンピューターサイエンス・土木・バイオテクノロジーなどあらゆる分野を網羅しています。
 
100年以上の歴史を誇るタフツ大学は、全米入学難易度で全米25位という非常に入学するのが難しい大学としても知名度が高い大学となります。合格率はわずか16%であり、厳しい入学基準を有していますが、その一方でリベラルアーツの精神に基づき、広範な学際的な学びと同時に深い研究分野を追求できる環境が特徴となるため、受験希望者が多い大学です。
 

タフツ大学の偏差値と進学に必要となるIELTSスコア

 
アメリカの大学には偏差値という概念がないため、大学ランキングで日本大学と比較し、難易度について見てみましょう。
 
タフツ大学はQS世界大学ランキング2024で379位にランクインしています。
日本の大学で近しい順位は、早稲田大学199位、慶應義塾大学214位、筑波大学は355位となるため、教育水準が高いことが分かります。
 
そして、直接進学で必要となる最低IELTSスコアは6.0、TOEFL iBTは90点以上となります。
コミュニティカレッジからの編入をする進学ルートもありますが、英語力を含め進学基準を満たさなければなりませんので、しっかりと語学力・学術レベルの向上を目指すことでチャンスを掴みやすい状況にもなります。
 

まとめ

 
アメリカには数多くの有名校が設立されています。そのこともあり、様々な国々の生徒が集まるため、その学友とのつながりも海外留学を経験するメリットとなるでしょう。
そして、高いレベルの教育を受け、日本では感じられない価値観などを味わうことで人間性のレベルアップを図ることも可能です。
 
ただし、進学後には高度かつアカデミックな英語力が必要となりますので、試験対策に特化した英語学習ではなく、実用的な英語力習得に主軸をおいた英語学習に励むことが大切となります。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約