英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

海外留学でも単位が獲得できる?単位互換制度のメリット

2024/01/01

海外留学でも単位が獲得できる?単位互換制度のメリット

 
大学へ進学すると単位互換制度によって、他学部に他大学や海外留学によって受講する授業の単位を取得することができ、自身の知識を深めるためにも非常に重要な制度となっています。今回は、海外留学でも単位が獲得できる?単位互換制度のメリットについてお伝えします。
 

単位互換制度のメリット

 
単位互換制度とは、異なる大学や留学先など教育機関で修得した単位を在籍大学の単位として取得できる制度です。
 
具体的には、アメリカなどの海外大学へ留学して修得した科目の単位を在籍する大学で認めてもらうプログラムとなっており、異なる教育機関のカリキュラムであっても、修得した知識やスキルを適切に評価してもらい単位として承認されるため、自身の専攻とは違う講義などを受けて取得した単位も無駄にはならないのです。
 
これにより、学生は異なる教育機関での学習成果を転用することができ、教育の柔軟性が高まります。そして、自身の能力を向上させることが出来るため、専攻した技能だけでなく幅広い知識や教養を養えるのです。
 

学部以外の学習を履修するメリット

 
大学に進学すると、他学部に興味のある講義が行われていて、受講したいと考える学生も少なくはありません。法律や語学にITなど、それは非常に幅広い講義が大学のキャンパス内で行われています。また、所属する大学だけでなく、国内大学や海外大学まで広げれば、非常に多くの学習が行われているので、自身の成長の助けになる授業を受講したいと考える事もあるでしょう。
 
自身のスキルアップには大事な授業も数多いと思います。そして、そのような授業を受講しても自身の単位に加算されないのでは、時間の無駄にもなってしまうため、そういったメリットを得られないのは、卒業時期を遅らせる恐れもあります。そうなれば、卒業が遅れ就職する時期もズレてしまうため、自身が就職したいと考えている企業の募集が締めきられる恐れもあるのです。
 
そういった、デメリットを無くすための単位互換制度となります。
単位互換制度を利用し、柔軟性の高い学習をして自身のレベルアップに繋げましょう。
 

まとめ

 
大学受験が成功し、自身の専攻した学部のカリキュラムでスキルアップを図るだけでなく、海外や別の国内大学でも能力向上が見込める講義を履修することが可能となります。本当に必要な能力値を上げられる可能性がありますので、将来の選択肢を増やせる様にしていく為にも、単位互換制度を上手に活用していきましょう

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約