英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

ITエンジニアの海外移住のメリットと必要な英語力

2024/02/01

ITエンジニアの海外移住のメリットと必要な英語力

 
世界でも人材が枯渇し、需要の高いITエンジニアは、海外でも活躍できる職業の一つ。そのため、生活拠点を日本に限定せずに、住まいを海外に移し収入を得ることもできるのです。今回は、ITエンジニアの海外移住のメリットと必要な英語力についてお伝えします。
 

ITエンジニアが海外挑戦するメリット

 
優秀なエンジニアや若手のエンジニアの中には、海外での就職や移住を考える人も少なくはないでしょう。生涯日本で働き続けることもできますが、海外で活動するメリットもあります。
 
AIやIoT分野の発展など、IT市場は急成長を遂げ、多様な業界でのIT導入が進んでいます。技術自体も発展し、求められる専門スキルレベルも上がっており、経済産業省によると2030年には80万人ほどのIT人材が不足すると予測され、日本では人材不足が嘆かれています。
 
そして、人材不足の問題は日本だけが抱えているわけではありません。海外でもITエンジニアの人材不足は問題となり、優秀な人材の争奪戦となっているため、キャリアを見据えた海外就労のチャンスが巡ってきやすい職業でもあります。
また、収入アップが見込めるのも大きなメリットと言えます。
さらに好きな土地で働けるということ自体を魅力的と感じる人もいることでしょう。
 
いきなりの海外移住には抵抗がある方は、グローバル企業で各国のレベルの高いエンジニアたちと共に働き、レベルアップを目指しながら海外挑戦のチャンスを狙うこともできるでしょう。
 

ITエンジニアの海外移住に必要な英語力

 
海外で腰を据えて働きたいと考える場合に必要となるのが語学です。
英語圏で働きたい場合に必要となる英語レベルはTOEICで言うと最低700点以上です。
しかし、試験英語と実際に用いる英語には異なる点があります。
また、日常英会話とビジネス英会話にも違いがあるため、業務を円滑に進めることのできる英語レベルは必須と考えましょう。
 
英語力が低ければ業務効率が下がり、欲しい情報を得られず最新技術を身に付けられない可能性があるため、英語力は海外で過ごしていれば身に付くと考えずに、しっかりと準備万端の状態で挑戦するのがオススメです。
 

まとめ

 
ITエンジニアは世界で需要の高い職業であるため、キャリアアップ見据えて転職したいと考えているのであれば、海外就職も検討してみましょう。
もちろん、海外で働く場合には英語力が必要となりますので、試験に特化した英語力ではなく、コミュニケーションでも使える生きた英語力習得に向けて英語学習に励みましょう。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約