英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

ヨーロッパへの海外就職に備える。必要な英語レベルは?

2024/02/01

ヨーロッパへの海外就職に備える。必要な英語レベルは?

 
キャリアを考え海外就職を目指す方の中には、ヨーロッパを希望する方もいることでしょう。何も持たずに海外就職を志しても失敗するだけとなるため、成功に導くための備えは必須です。今回は、ヨーロッパへの海外就職に備える。必要な英語レベルは?についてお伝えします。
 

海外就職の手段

 
ヨーロッパへの海外就職に限らず、いずれ海外で就労したいと考えているのであれば、企業に雇ってもらえるような人材へ成長しておかなければなりません。
 
ヨーロッパの就職方法として、まず挙げられるのがヨーロッパの大学院や、ビジネススクールを経由した就職です。修了後には就労ビザを取得できるパターンもあり、現地での学びと卒業は評価される一つの要素ともなるため、修了後に就職するという手段もあります。
現地で学生時代を過ごすことで、その国の文化や社会的背景を知ることもできますし、人脈も広がります。また、現地の言語や世界共通語となる英語を学びのツールとし用いり、ディベートやディスカッションを行っていくため、就職に必要な語学力も身についていくでしょう。
 
日本にいながら海外で働くチャンスを手にすることもできます。
ヨーロッパに本社や支社があるグローバル企業であれば、異動を希望しヨーロッパで働くこともできます。すでに勤めていることで、企業を十分にリサーチすることもできますが、転勤が可能となるポジションに就くためには、優秀な人材である必要があるため、人脈作りや情報収集など異動を意識した積極的な行動がポイントになってきます。
 

海外就職を意識したスキルの備えと英語力

 
海外の企業でも即戦力となる人材を求めているため、専門職においては専門スキルのアピールが重要となってきます。
大学院の卒業もアピール材料となりますが、インターンの経験、海外でも通用する資格取得なども大切となりますので、積極的にアピールできるようなスキルに成長させておきましょう。
 
そして、必要なスキルとして挙げられるのが仕事を円滑に進めるために必須となる語学力です。フランス語やドイツ語など現地の言語の方が使用頻度が高いケースもありますが、世界共通語となっている英語は、グローバル企業でも用いられるため、英語力のスキルは身に付けておくと良いでしょう。
そして、身に付けておくべきレベルはTOEIC900相当の英語力です。
ただし、TOEICはListeningとReadingを測る試験となるため、TOEICスコアを鵜呑みにするのではなく、4技能を操ることのできるビジネス英語力は備えてから海外就職に挑戦しましょう。
 

まとめ

 
ヨーロッパへの海外就職はハードルが高いと思われがちですが、不可能ではありません。
しかし、企業にとって即戦力となり得る人材でなければ就職は難しくなりますので、海外就職で求められる能力を考えながら日々を過ごし、語学力を含めスキル強化に努めて海外就職に備えましょう。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約