英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

海外に住む日本人が多い場所とは?英語が必要とされる訳

2024/02/01

海外に住む日本人が多い場所とは?英語が必要とされる訳

 
近年、日本人が外国で生活する在留邦人数も増えています。特に、日本人が多いのがアメリカであるため、高い英語力も必要不可欠な状況です。今回は、海外に住む日本人が多い場所とは?英語が必要とされる訳についてお伝えします。
 

海外に住む日本人が多い場所とは?

 
グローバル化が進み、日系企業が海外に支社を設置することも増え、在留邦人数も増加傾向にあります。そして、在留する邦人の総数は、129万3,565人と外務省が発表しています。
 
そして、日本人が多く住んでいる場所は、アメリカが第一位となり約41万人、第二位は中国で約10万人、第三位はオーストラリアで約9万人となっています。この他にも、フランスや韓国に、カナダやブラジルなど世界各国に長期滞在している状況です。
 
また、今後さらに在留邦人として働く方も増えていくことも考えられるため、そういったチャンスを掴みたいと考えている方は、しっかりと海外の生活に耐えうる英語スキルを身に付けていくことが重要です。
 

英語が必要とされる訳

 
海外の支社への長期滞在であったり、日本人が海外で生活することになると一番困るのが、英語などの語学力となります。その国の言語を話せるようにすることも大切ですが、さまざまな人種が集う職場であれば、共通言語の英語スキルは必須となるので、英語レベルをまずは引き上げることが重要です。
 
そもそも、海外支社への在留などは、キャリアステップのために必ず必要とされる企業も増えていますので、国内で結果を残すだけでは、役職に就けない事も少なくはありません。
 
だからこそ、企業でステップアップを踏んでいきたいと考えるのであれば、やはり英語スキルの向上は必要不可欠です。また、海外で生活し仕事することになれば、高いレベルにまで引き上げる必要性があります。
 
海外で生活に耐えうる英語スキルを養えていないと、まずそのポジションをあてがわれる順番も遅れますし、能力の高く語学力の備わった社員が入ってくれば、キャリアステップを諦めざるを得ない状況にも陥るのです。
 
英語スキルが現代社会では必要不可欠なスキルと分かっているのですから、早くから取り組み、世界で通用する英語力を養うことが重要となるのです。
 

まとめ

 
海外で生活や仕事をする日本人は増えていっている状況です。しかし、その仕事を任せられる人は限られており、チャンスを掴むには英語などの語学力がポイントにもなります。
また、そのチャンスがキャリアステップにも関わってきますので、自身のキャリアを考える上で大切なスキルと感じているのであれば、一日でも早く習得できる様に学習するのも大切ですし、まだ学生ということであれば、早くから英語習得に取り組み、将来自身のキャリアステップにつながる様に語学力アップに力を入れる事をおすすめします。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約