英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

海外出張のための英語学習。英語学校は成長につながる?

2024/02/01

海外出張のための英語学習。英語学校は成長につながる?

 
海外出張はキャリアにもつながるため、積極的に挑戦したいと考える社会人も増えてきている状況です。しかし、英語力に不安を抱えており英語学習に取り組む人も少なくはありません。今回は、海外出張のための英語学習。英語学校は成長につながる?についてお伝えします。
 

海外派遣で求められる英語力

 
人柄であったり、仕事で成果を上げているなど選考基準は企業によって異なりますが、国内業務で英語力が必要とされてこなかった人が突如、海外出張を依頼されるケースは稀です。簡単な作業で英語を用いていたり、面接時にTOEICやTOEFLのスコアといった英語力をアピールし語学力を買われたという人は海外出張を依頼されるケースがあります。
 
しかし、海外経験が少なければ、チャンスをもらえたという喜びよりも、不安が勝ってしまうことでしょう。
企業の代表として赴くため、プレッシャーが不安な気持ちを煽っていることも考えられますが、英語力への自信のなさが不安を強めている要因となっている人も少なくはありません。
 
海外派遣では現地の人とコミュニケーションを図ることがメインとなります。
日常生活での交流だけではなく、商談の場での情報伝達や意思疎通が必要となるため、英語の使用頻度の高い業務をこなしていても、プレゼンや会議といったシーンで意見交換を行ったり、コミュニケーションを図るツールとしての使い方をしていなければ、実践向けの英語力向上を目標として英語学習が必要となるのです。
 

独学よりも学校に

 
独学では費用を抑えながら、英語知識を増やすこともできますし、アプリを使用することで英会話に取り組むこともできます。
しかし、自己レベルを把握し、足りない部分をしっかりと補えるような学習を選択しなければなりませんし、学習管理やモチベーションのコントロールも自分で行わなければなりません。また、学習課程で分からないことがあれば、自分で調べながら解決していかなければなりませんし、成長が停滞した際には成長を妨げている要因を自分で見つけ出さなければならず、学習に充てられたであろう時間を割いてしまうことになるのです。
 
時間を無駄にできない時こそ、英語学校に頼ることが大切です。
その中でも、マンツーマンの集中型や、サポート面で充実しているコーチング型でより勉強に集中できる環境を選び、短期間で効率よく英語力を伸ばせる学習方法に取り組んでいきましょう。
 

まとめ

 
海外派遣では、試験やデスクワークで必要となる英語力とは、また違った能力が必要となるケースがあります。海外派遣を依頼されてから最短で求めている英語力が身に付けられる学習方法を選択することも大切ですが、チャンスを逃さないように備えておくことも大切となります。
英語の上達は日々の学習継続が必要となりますので、キャリアを見据え海外派遣を考えているのであれば、海外挑戦を意識した英語学習に取り組んでおきましょう。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約