英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

日本での常識は海外での非常識!知らないと困るマナーについて

2024/02/01

日本での常識は海外での非常識!知らないと困るマナーについて

 
海外留学をする学生にとって異国の地では、日本の常識が通用しない事も多々あります。また、日本の常識が海外に行くと非常識となる事もあるので、注意しなければなりません。今回は、日本での常識・海外での非常識!知らないと困るマナーについてお伝えします。
 

日本での常識は海外での非常識!

 
日本でも一般的な常識とされることがあるように、海外でも独自の常識やルールがあります。しかし、この常識や非常識は、日本と海外では違う可能性もあるのです。従って、日本の常識に捕らわれてしまって、相手を傷付けてしまったり、トラブルに巻き込まれる恐れがあるので注意しなければなりません。
 
例えば、チップの風習があり、サービスを受けた場合には、感謝・お礼をチップとして支払わなければなりません。この風習は日本にはありませんが、多くの外国では取り入れられていますので、チップを支払うことを忘れてはいけません。
 
この他にも、インドではカレーなどを手で食べる風習がありますが、この時、左手(不浄の手)を使って食べてはいけない、右手は聖浄なる手となるため、右手で食べるといった習わしがあるので、注意が必要です。日本でお寿司を食べる際に、手を使うとしても、右手でも左手でも問題がないのとは違うのです。
 
このように、海外でも常識やマナーなど、さまざまな文化が根付いています。留学するのであれば、その国の文化や常識を理解しておく必要性があります。
 

言葉以外の行動やマナーもコミュニケーションに影響

 
留学先で友人を作ろうとコミュニケーションを図る手段として言葉が必要となりますが、言葉以外にも友人として判断する要素に、マナーや行動といった面も見定められる可能性があります。
 
例えば、礼儀を弁えないで話しかけてきたり、なんとなくFワードを連発してみたり中指を立てるといった、誰しもがダメだと分かっている行動を取る様な危険でタブーを簡単にする様な人とは友人になりたいとは思わないことでしょう。
 
日本人同士であっても、場の空気を読めない人は苦手・嫌われるといった事がある様に、海外でも変わり者と好んで友人になりたいと思う人は少ないので、その国に馴染みたいのであれば、言葉以外の行動やマナーにタブーをしっかりと調べてから留学することをおすすめします。
 

まとめ

 
郷に入っては郷に従えということわざがある様に、海外留学する場合、その国のルールや常識に従って生活することが大切です。留学先を決めた際に、言語力を伸ばせば問題ないと考える方は多いでしょうが、留学先の国の制度や規制についても、しっかりと情報収集して失敗しない様に準備することも大切になります。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約