英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

IELTSではアカデミックな理解力とパフォーマンス力が重要

2019/08/27

IELTSではアカデミックな理解力とパフォーマンス力が重要

 

IELTSでは、アカデミックな英語を理解する力が試されます。また、面接官と行うスピーキングテストでは、パフォーマンス力も重要です。だからこそ、英語を自在に操れることで英語に対する意識が変わり、海外留学やビジネスでキャリアアップといった夢に一歩近づくことになります。

 

アカデミックな理解

IELTSといった民間検定試験では、経済学や歴史、科学など幅広い分野から問題が出されます。すべての情報を事前に理解していなければスコアは取れないと考えている学生もいるかも知れません。確かに、日頃からさまざまな分野に関心を持ち、情報や知識を増やしていくことが望ましいと言えるでしょう。

 

どの分野からどんなトピックが出題されるか予測できないため、自身が希望とする学科のことだけ理解できる状況では、ハイスコアの獲得は難しくなります。

高校や大学の講義レベルの単語・語彙力が使用されるため、教養やアカデミックな表現にも馴れておく必要があるのです。

 

パフォーマンス力を身に付けるための英語理解

IELTSなどの民間検定試験では、4技能を測られる事になりますが、グローバルな環境下では、研究や学業に専念できる英語や、ビジネスシーンで必要とされる英語力を身に付けなければなりません。そこには、英語をコミュニケーションツールとして操るパフォーマンス力も必要となります。

 

そして、その力を発揮するためには、エリートレベルの教養ある英語への理解度が重要な課題となります。エリートレベルの英語を獲得するのに重要なのは、ネイティブが感覚的に身に着けている英語の「核」を習得することによって実現が可能です。

 

Libertyでは、ネイティブが無自覚に習得している英語のもっとも重要な部分を体系的にまとめた「グラマーテーブル」を軸としたメソッドで、英語の基盤を一から作り上げ、Listening/Speaking/Reading/Writingという英語技能全般の能力を向上させることが可能となります。そうすることで、IELTSやTOEFLなどの民間検定試験でもハイスコア獲得が目指せます。

 

まとめ

留学生にとって障害となるべき高い英語の壁をクリアするためには、アカデミックな理解と、留学先やビジネスシーンで使いこなせる完璧な英語力を身に付けることです。半ば諦めかけていた高い目標も、英語スキルを身に付けることでクリアしていきましょう。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約