英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

様々な人種が集まる国とは違う日本で異文化交流で英語力向上

2021/08/02

様々な人種が集まる国とは違う日本で異文化交流で英語力向上

 
アメリカやフランスなどでは、様々な人種が集まり異文化に触れるチャンスがあります。しかし、日本では異文化に触れたくても機会が少なく難しいものです。今回は、様々な人種が集まる国とは違う日本で異文化交流で英語力向上させる手段についてお伝えします。
 

異文化交流が少ない日本のデメリット

 
母国語を英語としないヨーロッパであっても英語力が高いことや、アメリカの様な様々な人種が集まる国では、異文化交流が盛んで文化の違いを理解することやコミュニケーションを図ることへの抵抗が少ないため、ビジネスなどにも活用できるスキルを生活の中で身に付けることが容易い状況です。
 
しかし、この異文化交流が少ない日本では、他国の文化の理解であったり、多種多様な考えを尊重する多様性などには経験が乏しいと言えます。また、共通言語である英語を使う機会も少ないことから、容易くコミュニケーションを図るといった行動も躊躇われるため、ビジネスシーンでも成功を掴むことが難しい状況です。
 
国際化が進む現代においては、このデメリットを解消するには、まずは語学力の向上が必要不可欠でもあり、異文化を学んでいかなければビジネスチャンスを生み出すのも難しいと言えます。
 

日本で異文化交流して英語力向上を

 
海外ドラマや映画では、シチュエーションから学ぶ情報があったり、リスニングや発音を学ぶことはできますが、異文化を深くまで学ぶことは難しくもあります。英語学習のきっかけにはなりますが、異文化交流の流れを生みだすことはできません。
 
また、日本国内で異文化交流をするとなると、場所や時間を選ばなければいけません。
 
まずは、カフェやBarなど外国人が出入りする場所で外国人の友人を作るといった方法が、直接異文化を知るきっかけにもなります。
 
また、SNSやインターネットで交流を深めるといった方法もありますが、時差もあるためそう簡単ではありませんが、国内にいる外国人は多いので、そういった外国人と交流を持つのも一つの方法です。
 
ただし、英語が伝わらないというケースに陥った際に注意しなければいけないのが、相手は教えるプロではありません。コミュニケーションのレベルアップを目指すには、英語の基礎構造や規則を理解し、発音やイントネーションといった英語力を総合的に高める必要性がありますので、英語を正しく構築できる英語力を身に付けてから取り組むことも大切です。
 

まとめ

 
現代において海外に住まなくても日本で異文化交流を図ることは、そう難しいことではありません。インターネットやSNSなどを利用すれば出会いは作れます。ですが、その出会いを生み出す術があっても、相手に伝わる英語力がなければ文化を知ることもできません。
コミュニケーションツールとしての英語力を養い利用することで、英語力も向上し英語圏などの文化を学びビジネスシーンでも活用できるようになることでしょう。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約