英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

受験英語はビジネスで役立たない!本格的な英語を習得しよう

2019/10/27

受験英語はビジネスで役立たない!本格的な英語を習得しよう

 

大学進学のためにペーパーテストの英語でスコアを取れたとしても、その英語力はグローバルな舞台やビジネスでは役立たない英語の可能性が高いと言えます。英語4技能を本格的に習得することが、これからの社会で必要になる理由をお伝えします。

 

受験英語で得られるものとは

 

アカデミックにとんだ内容の知識が求められるTOEFLやIELTSと違って、受験英語は長文読解や作文などのスキルが求められます。一方、ビジネス英語や実用英語は社会人として、海外の外国人とビジネスシーンで対等に渡り合えるスキルが必要となり、総合的な英語力が問われることになります。

 

総合塾や学校の授業では、受験のための英語教育がメインになり、4技能を総合的に向上させるイメージはありません。また、受験英語では良い大学に入るための勉強であり、海外で通用する英語力を求められてはいないと言えるでしょう。

 

そして、未だ不透明な点も多い教育改革の要項には、英語4技能を構築するためのカリキュラムへ変貌を遂げようとしていますが、実際に大学受験では民間検定試験のスコアなどを用いて判断するなど曖昧な部分が多く見られ、学校教育の出来だけでは補えないとされます。これでは、英語で海外の企業と対等に渡り合い、将来的にリーダーシップを取れる人材を生み出すことは、学校教育のみでは不可能だと考える学生が出ても不思議ではありません。

 

4技能を高める英語にシフトチェンジしよう

 

教育の現場で教えられる4技能は、教員のレベルによっても習熟度が変わってくることが予想されます。大学進学のために4技能を習得するには、学校教育に任せてはおけません。
学生の将来がかかっているのにもかかわらず、文部科学省も学校も夢を語っているだけでしかありません。

 

将来英語が必要となる。これは、学生でさえ分かっています。大人がわざわざ言うまでもありません。しかしながら、大人が構築している学校教育では英語を習得できないのです。
ましてや独学でマスターすることも困難です。

 

したがって、英語学習に特化した正しい英語を理解し、教えられる環境に学生や社会人が通うことしか方法はないのです。

 

Libertyでは、学生や社会人が本当に必要とする英語力をマスターさせることが可能です。
英語は正しい文法や構造を理解することさえできれば、習得は不可能なものではありません。グラマーテーブルを軸としたメソッドで、エリート層の操る英語力を習得しましょう。

 

まとめ

 

現在の受験英語では、ビジネスシーンで海外の取引先や企業と対等にコミュニケーションを行えるまでのレベルの高い英語力を求められていません。スコアを付けて学生のランク分けをするだけの基準値でしかないのです。

 

ビジネスの社会では、本格的な英語を操れる本物の人材が必要とされています。
夢を叶えるために英語習得が必須の方は、受験英語ではなくビジネス英語や実用英語といった4技能をしっかりと扱えるようにしましょう。4技能が高まれば英語への理解力も高まり、受験英語だけでなくTOEFLやIELTSの民間英語試験でもスコアアップを目指せます。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約