英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

日本人の訛りが気になる?英語は堂々と話すことの重要性

2020/09/06

日本人の訛りが気になる?英語は堂々と話すことの重要性

 
民間英語試験ではアクセントなどを気にした発音が大切ですが、いざ外国人を目の前にした時には、大きな声で笑顔でコミュニケーションを図った方が良いこともあります。今回は、日本人の訛りが気になる?英語は堂々と話すことの重要性についてお伝えします。
 

日本人の英語に訛りがあるのは仕方がない

 
日本人は英語を勉強し始めると、ネイティブレベルの発音でなければいけないといった意識が強く、自分の発音がダメだと感じると声が小さくなったり、会話することを避けてしまう傾向にあります。
 
また、留学先や仕事で海外へ赴任する方のなかで、ネイティブに訛りがあるねなんて言われてしまうと恥ずかしくて余計に話づらい気持ちに陥ってしまうことにもなるでしょう。
 
しかし、良く考えてみてください。外国人の方が話す日本語には、独特なイントネーションがあったりします。それと同じ状況なのです。それをかっこ悪いと笑うようなことをするのは、子供たちだけであって年齢を重ねるにつれ他言語を操る方へのリスペクトは強くなるのではないでしょうか。そこには発音やイントネーションと言った概念よりも他言語で一生懸命伝えようとしてくれる意欲を汲み取る努力をしてあげようといった意識が強まるはずです。
 

堂々と話すべき理由

 
アメリカなどで生活していると非ネイティブの方が、堂々と話しているシーンを目撃することも多いため、日本人は気にし過ぎでもあります。訛りがあったとしても、伝わる英語を意識して、徐々に発音やイントネーションもネイティブによればいいと考えて取り組むべきなのです。
 
引っ込み思案で会話を避けるよりも、大きな声を出し笑顔で接した方が相手も話しを聞いてくれるようになります。小さな声で話されれば、何を言っているの?と相手も不安を感じてしまうので、失敗してもいいんだぐらいの勢いで話すことも、英語習得には大事な意識改革でもあります。
 
LIBERTYは、母国語を英語とする教養あるエリート層が操る本格的な英語習得を目指す英語学校です。グラマーテーブルを軸としたメソッドで、英語の基盤となる構造や規則を理解することにより高い英語力を養うことができるため、失敗する機会を減らすことも出来ます。
 

まとめ

 
日本人には、英語の発音は難しいかもしれません。英語には、日本語にはない発音しない音があったり、母音が日本語よりも多いなどさまざまなルールがあります。そういったルールを理解しても、正しい発音を習得するには繰り返しの練習が必要となります。
繰り返し練習して試すということは失敗も増えるということです。ですので、失敗してもへこたれないモチベーション維持も必要ですが、非ネイティブであるため仕方がないと割り切ってトレーニングを積むのも英語上達には必要だったりします。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約